ここから本文です

アメリカ球界が見る「KOSHIEN-甲子園-」「日本の高校球児は投げすぎだ」は本当なのか。

BEST TIMES 8/19(金) 12:45配信

「休養日」導入3年目の夏

  夏の風物詩、甲子園はベスト4が出揃い、2013年から導入された「休養日」を迎えた。これまで決勝に進むチームは最大で4連戦となっていたため、選手の身体的な負担を減らし、また準決勝、決勝をより公平な条件で行うことなどを目的とされた制度である。遅きに失した感は否めないが、画期的な取り組みであったといえよう。

 球児たちのひたむきな姿勢はいつも多くの人々の心を打つが、その一方でまだまだ成長過程にある彼らの「身体」への懸念もまた、風物詩のように議論の的となる。特に投手については、分業化が進んでいるとはいえ、「肩」や「肘」を酷使しているという批判が後を絶たない。今夏の甲子園でも、プロ注目の右腕・アドゥワ誠投手が187球を投げるなど、その傾向は相変わらず続いている。

 そして、そうした批判がなされるたびに比較されるのがアメリカ、メジャーリーグにおける投手への考え方である。日本に関する著作を多く残す著名なアメリカ人作家が、甲子園におけるある投手の連投を見て「アメリカのコーチだったら児童虐待だと言うだろう」と発言したと報道されるように、「球数」に関して厳密に規定しているアメリカ野球と、勝利のために連投も辞さない高校野球はつねに対照的な存在として語られてきた。

 では果たしてメジャーリーグは、日本の高校野球についてどのように見ているのだろうか。ひとつの重要な示唆を与えてくれる書籍がある。

 アメリカ・メジャーリーグを17年にわたり取材をし続けるニューヨーク在住のスポーツライター、杉浦大介氏が2014年に記した『日本人投手黄金時代』がそれだ。メジャーリーグが「甲子園」をどのように見ているか、メジャーリーガーや現地ジャーナリストに取材をしてまとめた章がある。

 まず、杉浦氏は「メジャーが甲子園について持つイメージ」について、こう記す。

甲子園を”知らない”メジャー

『松坂大輔、田中将大といったメジャーリーガーたちが若くして伝説的な名声を勝ち得た舞台として、〝Koshien〟はアメリカでも〝一部の〟関係者にその名を知られるようになった。済美高校の安楽智大投手が2013年の春の選抜で5試合で772球というアメリカでは考えられない球数を投げた後には、ESPNの番組と雑誌で特集が組まれる事態にまで発展。グローバルな視点に定評あるYahoo!  Sportsのジェフ・パッサン記者も、数度にわたって日本の高校生投手たちの投げ過ぎに警鐘を鳴らすようなコラムを書いてきた。

 もっとも、〝一部の関係者にその名を知られるようになった〟のは事実ではあっても、日本の甲子園カルチャーはアメリカ球界の誰にとってもお馴染みというわけではまったくない。ESPNに取り上げられた直後は反響も大きかったが、ネット全盛ゆえにニュースのサイクルが早まった現代では忘れられるのも早い。

 アメリカ国内の大半の記者、関係者は〝Koshien〟の名前を聞いたことがあっても、そこで〝投げ過ぎ〟〝過密日程〟が問題視されていることは知らない者ばかりである。

 だから「甲子園についてどう思うか? プロ入り後の故障に関係があると思うか」と質問したところで、彼らから明快な言葉は返ってこない。逆に「甲子園ではいったい何が行なわれているんだ?」と聞き返されてしまうくらいだ。』

 当たり前といえば当たり前のことであるが、われわれの多くがアメリカのハイスクールベースボール事情について詳しくないように、メジャーリーグ関係者においても「甲子園」は馴染みのあるものではないのだ。これを踏まえたうえで、杉浦氏はこう続ける。

1/4ページ

最終更新:8/19(金) 12:45

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。