ここから本文です

稲垣吾郎 読書バラエティー「ゴロウ・デラックス」を「ずっと続けていきたい」継続に意欲

Book Bang 8/19(金) 15:40配信

 年内での解散が発表されたSMAPの稲垣吾郎さん(42)がMCを務めるラジオ番組「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」とテレビ番組「ゴロウ・デラックス」が18日夜と深夜に相次いで放送された。「STOP THE SMAP」冒頭で解散についてコメントした稲垣さんは、同番組内で「ゴロウ・デラックス」についても言及し、「これからもずっと続けていきたい」と今後の仕事についても示唆した。

■「ゴロウ・デラックス」への思い

 稲垣さんは「STOP THE SMAP」冒頭でSMAPの解散について報告し、「ファンのみなさまには突然の報告で驚かせてしまって本当に申し訳ございません」と謝罪した。そして「私、稲垣吾郎はこれから頑張っていきますので『STOP THE SMAP』を引き続きよろしくお願いいたします」と今後について述べた。

 番組ではリスナーからのメールに答え「ゴロウ・デラックス」で漫画家さいとう・たかをさん(79)の仕事場を訪ねた際、さいとう先生のモデルガンコレクションに「子どものころに戻ってしまうというか、無邪気な自分がいた」と告白。

 そして「『ゴロウ・デラックス』をやっていると、漫画家の先生の家にお伺いすることとか、最近ロケも多いのですごい面白い」と番組への思いを語りはじめた。「『ゴロウ・デラックス』はやっていてすごく勉強になる。本を読んだり色々なものに触れる機会が多くて」と貴重な読書バラエティーを稲垣さん自身も楽しんでいることを明かした。

 最後に「長寿番組にもなってきたので、これからもずっと続けていきたいなと思いますし、自分のなかの楽しみの一つでもありますね」と番組継続への意欲を語った。

■作家との交流も

 その日の「ゴロウ・デラックス」には映画『火 Hee』の監督・脚本・主演を務めた桃井かおりさん(64)と原作者の中村文則さん(38)が出演した。

 中村さんは作家が集まる花見会で稲垣さんと会ったことがあるという。そこにいた警戒心が強い猫を稲垣さんだけが懐かせたと話し、「さすがだなあと思った」と小説家の集まりの中でも異彩を放つ稲垣さんのエピソードを披露していた。

1/2ページ

最終更新:8/19(金) 15:40

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。