ここから本文です

ジューシーさケタ違い…最高級ブランド桃は5キロで○万円!

女性自身 8/19(金) 6:00配信

 桃の旬は初夏から初秋。この時期に桃を食べるのは、単においしいからだけではない。桃には、夏バテ予防に欠かせないスタミナ栄養素のビタミンEとナイアシンが豊富に含まれている。Mサイズの桃の可食部を200グラムとすると、1個に含まれるビタミンEは1.4ミリグラム、ナイアシンは1.2ミリグラムほど。これは、うなぎのかば焼き1/4切れ(約25グラム)に含まれるビタミンEとナイアシンと同レベルの含有量だ。

 スーパーでふつうに並ぶものでさえ、うっとりするほど美しい桃。最高級品ともなれば、その味わいはまた格別なはず。そこで、日本でもっとも高級な桃のブランドのひとつである山梨の「春日居の桃」の生産者、「こうはん農園」に取材を申し込むと、大田市場で行われる春日居の桃の品評会に記者を招待してくれた。大田市場とは、東京都大田区にある野菜と果物の大市場。

 朝6時。すでに春日居の桃の関係者ご一行が、自慢の春日居ブランドの桃のアピールにやって来ていた。果物の仲買人やセリ人らも続々と集まり、バインダーを手に桃を物色し始める。

 そんな中で始まったのが、春日居の桃の試食。巨大な容器にてんこ盛りのカット桃「白鳳」と「浅間白桃」が現れると、訪ねていた桃関係者はもちろんのこと、別の果物や野菜の関係者までがどこからともなく湧いてきて、桃に一直線!市場関係者にもやはり、高級桃は大人気なのであった。

 記者もさっそく食してみる。歯を入れた瞬間、果汁がブワッとあふれ出す。実はしまっているのに途方もなくジューシーで、強い香りにむせかえるほど。そして遅れてやってくる、濃厚な甘味!といても、甘いだけでなく深いうま味も感じられ、これは……おいしいッ!白鳳はふわっとやわらかい果肉で、浅間白桃は少し歯ごたえがある感じ。

 試食が終わると、いよいよセリがスタート。6玉入り2キロ化粧箱入りの桃が次々とセリ落されていく。そして、さまざまな農家の桃の中でもえりすぐりの、木箱入りの極上品のセリへ。注目が集まるなか、18玉入り7.5キロ木箱1箱がなんと30万円で落札!12玉入り5キロ木箱1箱は20万円。これらをセリ落とした仲買人に話を聞くと、某有名高級果物店Sに卸すとのこと。

 あまりの高値にひるむ記者に「今日は生産者も来ている品評会だから、生産意欲を高めるための“ご祝儀相場”なんだよ」と教えてくれた仲買人氏。

 春日居の桃は高級店に卸されるほか、通販でも購入可能。桃源郷の香りはかくや、という馥郁たる高級桃の味、死ぬまでに一度は賞味されたし!

最終更新:8/19(金) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。