ここから本文です

見た目年齢が5歳若返る!? 今すぐ必要なのは「たるみ」の解消だった!

OurAge 8/19(金) 11:58配信

年齢とともに、ほおや、目元、あご、口元と、顔のあちこちに目立ってくるたるみ。顔のたるみが目立つ人は、猫背ぎみで首が前に出ているのが特徴。あごがもったりとして、頬のトップも低い位置にあり、ほうれい線が目立って、目の下もたるみ、年齢より老けた印象に。そこで、このたるみを加速させてしまう原因となる、顔まわりの4つの筋肉グセに注目!

◆筋膜のよじれ
最近テレビなどでも話題の「筋膜(きんまく)」とは、筋肉を包み込む膜のこと。この筋膜がよじれると筋肉の動きが悪くなり、たるみが生じるので、まずはこのよじれを直すことが必要だ。

◆顔グセ
口角を上げずに口を横に引いて笑うクセや、おでこの力を使って目を開くクセなど、ちょっとした顔グセが、顔の筋肉のアンバランスを招き、たるみが生じる原因に。顔グセを直して筋肉の偏りを整えることも覚えておきたい。

◆首の筋力の衰え
顔がたるむのは、顔の中だけの問題ではなく、首の筋肉の衰えも関係している。首の筋力が低下すると、顔が下方向に引っ張られて口元やほおなどが下がり、ほおのたるみや二重あご、口元のたるみの元に。

◆頭の筋肉のコリ
顔のたるみは頭の筋肉とも深くかかわっている。顔と頭皮はつながっているので、頭皮にコリなどがあって硬くなっていると、顔を引き上げる力が落ちて、たるんでしまう。頭のコリの解消もたるみ対策となるわけだ。

たるみケアを行えば、姿勢がよくなってあごやフェイスラインがシャープに。頬の位置も高くなって、ほうれい線も薄くなり、口角もアップ。目元もすっきりして見た目年齢5歳は若返る!といいことづくめ。それぞれの原因を解消する筋肉グセへのアプローチで、重力に負けないハリのある顔をキープしたいものだ。

最終更新:8/19(金) 11:58

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ