ここから本文です

外国人の口コミ評価の高い日本の観光スポット30選

@DIME 8/19(金) 10:18配信

旅の予約から計画までをサポートする世界最大の旅行サイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザーは、トリップアドバイザー上に2015年4月から2016年3月の1年間に投稿された外国語の口コミ評価をもとに、「外国人に人気の観光スポット2016」を発表した。同ランキングは本年で8回目となるが、3年連続で1位は『伏見稲荷大社』(京都府京都市)が、2位は『広島平和記念資料館』(広島県広島市)が、3位は『宮島(厳島神社)』(広島県廿日市)が獲得し、上位3位は3年連続で同じ顔ぶれが揃う結果となった。

【外国人に人気の日本観光スポット2016トップ30】

今年は、9位に選ばれた『アキバフクロウ』(東京都千代田区)や15位の『栗林公園』(香川県高松市)をはじめ、9の観光スポットが新たにトップ30に登場。自然スポットで初ランクインしたのは、自然に親しみ、ハイキングが楽しめると高評価を集めた『白谷雲水峡』(鹿児島県屋久島町)、『立山黒部アルペンルート』(富山県立山町)であった。その他にランキングに初登場したのは、外国人にとって日本の象徴ともいえる富士山の眺めが雄大な『河口湖』、日本で一番好きなお寺だと称する人も多い『大本山 大聖院』、建物自体が珍しいと人気の『京都駅ビル』、そして、昨年オープンした英語が話せるスタッフがいて内容がよく分かると評判の『サムライ ミュージアム』であった。新旧問わず、日本独特の文化や日本ならではの景観を楽しむことができる観光スポットは、外国人観光客から根強い支持されているようだ。

■日本でしか味わえない個性的な観光スポットや日本らしい豊かな自然や景色を楽しめる観光スポットが人気!?

9位にランクインした『アキバフクロウ』は日本でしか味わえない個性的な観光スポット、15位にランクインした『栗林公園』は日本らしい豊かな自然や景色を楽しめるスポット。今回トップ30にランクインした外国人に人気の観光スポットは、この2つの側面のどちらかに当てはまる傾向が見られる。

■フクロウと気軽に触れあえることが珍しいと人気の『アキバフクロウ』

2015年6月13日現在、141件の口コミを集めている『アキバフクロウ』。日本語で投稿された口コミは12件のみで、英語を筆頭に中国語、フランス語、ロシア語といった外国語の口コミが増えている。“Up close experience with beautiful owls!(美しいフクロウと身近に触れあうことができる!)”と口コミされているように、なかなか身近に触れ合うことができないフクロウとカフェでゆっくりとくつろげると人気を集めている。フクロウを実際に触ったり、頭の上に乗せたりして楽しんでいる旅行者の写真も多く投稿されており、“Only in Japan! And what an experience!(こんな体験は、日本でしかできない!)”とその感激を綴った口コミも多く見られる。

■公園の橋や池などの配置がとても美しいと評判の高い『栗林公園』

今回初めてランクインした『栗林公園』は、静かでリラックスできる美しい公園として外国語の口コミを数多く集めています。“I've been to a lot of beautiful parks and gardens in Japan but Ritsurin Park stands out with its location next to Mt. Inariyama.(日本のたくさんの美しい公園や庭園を訪れたが、稲荷山の横にある栗林公園は別格だ)”、“The park was beautiful with an impressive layout of bridges and fish ponds. Definitely an attractive area for tourists and local people as well!(この公園は美しく、橋や池などの配置が素晴らしい。観光客にとっても地元の人たちにとっても、ここはとても魅力的な場所だ!)”と美しい公園でリラックスできると絶賛する口コミが多数寄せられている。

トップ30にランクインした外国人に人気の観光スポットを見ると、日本人に馴染み深いところもあれば、珍しいところまで実に様々なスポットがランクインしている。気になるところがあれば、ぜひ行ってみて、外国人観光客に人気がある理由をこの目で確かめてみるのもいいだろう。

【評価方法】
2015年4月~2016年3月の1年間に、トリップアドバイザー上の日本の観光スポットに投稿された外国語の口コミの評価、投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムで集計した。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/19(金) 10:18

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

なぜ今? 首相主導の働き方改革