ここから本文です

まだまだあります、ベルリンで出会った最新注目プロダクツ

エイ出版社 8/19(金) 17:10配信

ファッショントレードショー「SELVEDGE RUN」

去る6月28・29・30日にドイツ・ベルリンで開催されたファッショントレードショー「SELVEDGE RUN」。このショーには、ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界各地からクラフトマンシップあふれる良質なヘリテージブランドが集まる。前回に続き、ここで見つけた注目プロダクツとブランドを紹介する。

【1】A PIECE OF CHIC

フランス・リヨンを拠点とするスカーフブランド。1930~’60年代のスカーフを参考に、上品な光沢と強度をもつシルクを用いて様々なパターンのスカーフを作っている。それらを通じ、当時の人々のエレガントなスカーフ使いを現代に継承。ヨーロッパを中心に、モーターサイクリストやヴィンテージファッションラバーから支持を集めている。

http://www.a-piece-of-chic.com

【2】Simmons Bilt

スコットランドのレザージャケットブランド。フライトジャケットやライダースジャケットのリプロダクションにおいてはヨーロッパトップクラスの実力を誇るが、それだけではなくこのようなワーク系ジャケットも手がける。

老舗生地メーカーHalley Stevenson社の24oz.キャンバス地を用いたカバーオール。こちらの記事で紹介したDUNDAS FOOTWEARとのコラボレーションモデルだ。襟の裏にはスコットランドならではのタータンチェックのウール生地をあしらっている。

http://www.simmonsbilt.com

【3】CARL MERTENS

古くから刃物の街として栄えるドイツ・ゾーリンゲンで1919年に創業。カトラリーやキッチンツールを幅広く手がけているが、特にこの包丁がスタイリッシュ。東洋の包丁からインスピレーションを受けデザインされたという。刃は幅を広くとり、サビにくい素材を用いているため実用性も抜群。

(右の2本は、同じくゾーリンゲンで100年以上続く老舗ナイフブランドOTTERのもの。)
http://www.carl-mertens.com

1/2ページ

最終更新:8/19(金) 17:10

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ