ここから本文です

復帰目指すDF内田、膝の状態が悪化…再び日本で治療へ

フットボールチャンネル 8/19(金) 7:20配信

 シャルケに所属する元日本代表DF内田篤人が、膝の状態が悪化したことで再び日本で治療を行うことになった。18日に独紙『キッカー』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 昨年3月以降ピッチから遠ざかり、同年夏に右膝蓋腱を手術した内田。当初は数ヶ月で復帰できる見込みだったが、予想以上に回復が遅れ、昨季は1試合も出場することなくシーズンを終えている。その後、日本でリハビリに励み、鹿島アントラーズの練習に参加するなどしていた。

 同紙によると、ブンデスリーガ開幕に向けてシャルケで練習に励んでいた内田だったが、その練習中に膝の状態が悪化したとのこと。日本に帰国し、信頼する医師のもとで治療を行うことになる。スポーツディレクターのアクセル・シュスター氏は「我々は約14日間かかるとみている。そこで特別な処置を行う」と語っている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/19(金) 7:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)