ここから本文です

ウィル・スミス夫妻、結婚カウンセリングを受けていた!

VOGUE JAPAN 8/19(金) 22:00配信

ウィル・スミスとジェイダ・ピンケット=スミス夫妻が結婚カウンセリングを受けていたことが分かった。最新作『スーサイド・スクワッド』が9月10日(土)に日本公開を控えるウィルが、夫婦間での問題解決に向けてカウンセリングを受けていたことを明かし、そこでは真実を語ることが焦点なのだという。

スミスファミリー関連フォトギャラリー。

ウィルは『ザ・サン』紙に「僕は何度も結婚カウンセリングを受けたことがあるよ。結婚生活においてカウンセリングを受けると真実が明らかになるんだ。妻と向かい合って座って真実を全て語って、彼女も全て真実を語ることになるのさ。そしてお互いを見つめて、こんな真実が明らかになった以上、また愛し合えるなんて想像も出来なくなるのさ。そこで暗い時が生まれるんだけど、僕にとってそれは夜明け前の闇なんだ。真実が明らかになった時、人は自分という人間について、そして何を考えているかを言わなくちゃいけなくなるから、自分自身に向き合えるんだよ。それが全てを洗い流してくれて、その後は理解して自分たちの関係を前進させる段階にたどり着けるのさ」と語った。

そんな結婚生活の一面を明かしたウィルだが、19年間連れ添っている妻のことを先日「魔法のようだ」と称えていた。ジェイデン(18)とウィロウ(15)を共にもうけているジェイダについてウィルは「ジェイダは魔法のようさ。僕が彼女を愛している理由の1つには、物事がそうあるべきかたちで起こるというところなんだ。彼女はそんな魔法のような力を持っているのさ」。

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/19(金) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。