ここから本文です

「ハリポタ」新作短編、9月に電子書籍で3冊同時リリース

WIRED.jp 8/19(金) 11:10配信

マグルの諸君、喜ぶといい。ホグワーツの秋学期にギリギリ間に合うタイミングで、「ハリー・ポッター」の新たな物語が発表されるのだ。

【写真を見る】3本の短編の表紙トップ画像

9月6日、J・K・ローリングのオフィシャルサイト「Pottermore」にて、ホグワーツの知られざる歴史についての3本の短編が電子書籍にてリリースされる。それぞれの物語は、「Pottermore」のこれまでのアーカイヴと新録とを組み合わせたもので、ローリングがホグワーツに新たなバックグラウンドを書き加えるものになる。

魔法使いたちがどうやって肖像画のなかに入り込むのかを知りたいと思っていた人、そして魔法生物学のシルヴァヌス・ケトルバーン先生のことをもっと知りたいと思っていた人はラッキーだ。

これら3本の短編は、7月に上映された舞台作『ハリー・ポッターと呪いの子』(原題:Harry Potter and the Cursed Child)や、11月に公開される映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に続き、広がり続けるハリー・ポッターの「ユニヴァース」(ファンがつくった無数のフィクションも含めて)に加わるものだ。

ローリングはまったく新しい世界で新たな物語を書くのではなく、彼女がつくり出したの魔法の世界に手を加え続けるつもりのようだ。「ペンシーヴ」(ダンブルドアが記憶を保存する道具)を読者に与えることで、彼女はホグワーツ魔法魔術学校の記憶を再び思い出させてくれるのである。

そうしてみんなを何度もその世界に惹きつけてしまうのが、いつものローリングの最高の魔法なのだ。

CHARLEY LOCKE

最終更新:8/19(金) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。