ここから本文です

チョコレートを使ったマインドフルネスの練習方法

ライフハッカー[日本版] 8/19(金) 21:10配信

とてもおいしくマインドフルネスの練習をする方法をご紹介しましょう。それは、チョコレートを楽しむということです。

「マインドフルネス」とは、今この瞬間にあることに集中して、現実を受け入れることです。ではここで、大好きなチョコレートに集中してみてはいかがでしょうか? Kellie Edwardsはその方法をWorld of Psychologyで以下のように紹介しています。


“あなたが手にしているチョコレートに注意を向けてみましょう。その重みと手触りを感じてください。温かい、冷たい、柔らかい、それとも硬い? 食べてしまいたいという衝動を感じていても、手にしているチョコレートの感覚にゆっくりと注意を向けてください。目を閉じていたなら、ゆっくり目を開け、手にしているチョコレートをよく見てみましょう。その形、色、あなたの反応を感じてください。

それではチョコレートの香りを嗅いでください。ゆっくりと鼻のところに持っていき、チョコレートの香りがあなたとつながる瞬間を感じてください。そして、その香りに感謝しましょう。これまでに感じたことのない香りが混ざっているかもしれません。思っていたより香りが強いかもしれません。食べてみたいという衝動はさらに高まっていることでしょう。こうしたことを感じながら、穏やかに座っている感覚を楽しみ、チョコレートの香りを取り込みましょう。”


最後にはもちろん、チョコレートを食べていただきます。でも1回1回噛む感覚を忘れないでください。

食べ物はチョコレートでなくても結構です。どんなものでも練習に役立ちます。それが何であれ気をかけながらゆっくりと食べるように心がけましょう。


何個もチョコレートを買う言い訳をする必要はありません。1つで十分なのですから。


Practicing Mindfulness with Chocolate | World of Psychology

Melanie Pinola(原文/訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.

最終更新:8/19(金) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。