ここから本文です

ミラン本田がセリエA開幕戦で先発落ち予想 4-3-3システムのなかで居場所を見出せず

Football ZONE web 8/19(金) 12:02配信

伊紙がトリノ戦の予想スタメンを公開 右ウイングにはスソが入る

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、21日のリーグ第1節トリノ戦でベンチスタートになることが濃厚になった。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が、開幕戦の予想スタメンを公開している。

伊メディアが選定 ベルルスコーニ体制下のミランに名を刻む「名手トップ10」

 ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が就任したミランは、中国資本への株式売却交渉が長引き、移籍市場に十分な資金を用意できずに大きな補強を行えなかった。そのため、予想されているメンバーもほとんどが昨季から所属しているメンバーが並んでいる。そのなかで、本田はポジションを失う形になった。

 4-3-3システムと予想されたミランは、GKにジャンルイジ・ドンナルンマ、最終ラインは右にイニャツィオ・アバーテ、左に欧州選手権でミラン唯一のイタリア代表に選出されたマッティア・デシリオが入ると予想された。センターバックはアレッシオ・ロマニョーリと、アタランタからレンタルバックのガブリエル・パレッタがコンビを組むと予想されている。

 中盤の3人は、キャプテンのリッカルド・モントリーボを中央に、アンドレア・ベルトラッチが右、ジャコモ・ボナベントゥーラが左のインサイドに入る見込みだ。そして前線は、去就問題のあったコロンビア代表FWカルロス・バッカを中央に、エムベイエ・ニアングが左、ジェノアからレンタルバックのスソが右となった。純粋な新戦力は、昨季セリエB得点王のジャンルカ・ラパドゥーラに出場停止が1試合残っていることもあり、誰もスタメン予想に入らなかった。

代わり映えのしない主力の顔ぶれ

 結局、昨季のチーム立ち上げ時点で所属していたメンバーが先発11人を占めるなかで、本田はスタメン入りを逃す情勢になっている。1年間をミランで戦いリーグ戦1ゴールに終わった本田は、昨季後半をジェノアで過ごしハーフシーズンで6ゴールを挙げたスソに追い抜かれてしまった格好だ。

 一方で、対戦相手のトリノは昨季ミランを途中解任されたシニシャ・ミハイロビッチ監督が指揮を執り、ミランのホームであるサンシーロに乗り込む。右サイドのアタッカーだったブルーノ・ペレスがチームを去ったが、インテルから補強したMFアデム・リャイッチが10番を背負いスタメン出場する見込みだ。

 本田の今シーズンは、まずはベンチから出場機会をうかがうスタートになりそうだ。昨季はスタメン落ちが続いた時期に、イタリアメディアから「パンキナーロ(ベンチ要員)」という有り難くないニックネームを付けられてしまった本田だが、その呼称を定着させないためにも出場機会が巡ってきたタイミングで早急に結果を残したいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/19(金) 12:02

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ