ここから本文です

「2度のCL決勝での敗北は一生消えない」シメオネ、苦い想いを吐露

フットボールチャンネル 8/19(金) 7:50配信

 アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、2度のチャンピオンズリーグ(CL)決勝での敗戦は、今も消えない思い出として残っていることを打ち明けている。18日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

今シーズンのメンバーは?レアル・マドリー【16-17チーム情報】

 昨季のCL決勝での敗退後、辞任報道が出たことについて「辞めるとは一度も口にしていない。考える必要があると言ったのだ。考えるとは、たくさんのことについてである。例えばそれは、この数シーズン私に人生をかけてくれている、このチームの選手たちに向き合わなければいけないというエネルギーであったりというものだ」と考える時間が必要であったことを打ち明けている。

 そして、レアル・マドリー相手の2度のCL決勝での敗北を、”失敗”と述べたことについて「人は”失敗”という言葉を発することを怖がっている。だが、これは目標に到達できなかったということの同義語だ。きっとこれは強い言葉なのだろうが、私は現実にそう感じたのだ」と述べ、「多くの人々の尽力とハードワークで、2度決勝にたどり着き、そして2度敗れた。これは非常に手痛い衝撃だった」と続けた。

 アルゼンチン人指揮官は、「時にもうあの敗北は過去のものと言われるが、それは嘘だ。私にとっては過ぎ去った思い出ではない。一生残るものだ。手にしてきた他の勝利が、あの2つの敗北を埋め合わせてくれるというものではないのだ」と2度のCL決勝敗退が今なお消せない思い出であることを語っている。

 そしてシメオネ監督は「人生とは、優秀な戦士たちに楽な戦いを与えてくれないものだ。そして私は自分が戦士だと思っている」と述べ、インタビューを締めくくっている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/19(金) 7:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。