ここから本文です

「これは大正義」小倉唯の握力が14.4キロと幼女並みで、なぜかファンから大喝采

おたぽる 8/19(金) 13:00配信

 ニューシングル「Promise You!!」(キングレコード)の発売を記念して、小倉唯&石原夏織のユニット・ゆいかおりが『リスアニ! TV 5th Season』第19回(TOKYO MXほか)に登場した。番組で2人は体力測定にチャンレンジしたのだが、その結果、小倉の握力はなんと14.4kgと判明。この記録に対して「小倉唯は幼女だったんだ!!!」「可愛すぎる! 守ってあげたい!!」「小倉唯がぎゅーと握っても14.4か……痛くないですね! ぎゅーとして下さい!」と、なぜか喝采の声が聞こえている。

 この記録、決してブリっこモードでトライしたわけではない。体力測定の敗者は罰ゲームでにが~いお茶を飲まなければならないため、2人とも超本気モード。体力測定の2種目めが問題の握力測定となったのだが、石原の記録は21.7kg。これでも十分弱いのだが、握力をこれまで図った記憶がないという小倉の記録はなんと14.4kg。この記録には「14.4はさすがに弱すぎる気がするんだが……」「ヤバすぎでしょwww」「ゆいちゃんまじか!! ライブとかでマイク持ったまま動き回るし、握力もある程度はつきそうなものなのにな」と驚きの声が。

 文部科学省が実施している体力・運動調査結果(平成26年度版)では、20歳から24歳の女性の平均的な握力は28.24kg。小倉の14.4kgという記録は、なんと9歳児並みにあたる。その事実に「天使かな? そのまま飛んでっちゃうのかな」「9歳のおんにゃのこと同じくらいしか握力ないのか……え?」「これは大正義」「缶ジュースとか空けれないやん……俺が優しく空けてあげるね」と俄然色めき立つ小倉のファン。

 小倉はこれまで『ロウきゅーぶ!』(TOKYO MXほか)の袴田ひなた役や『妖狐×僕SS』(MBS・TBSほか)の河住花役、『ブラック・ブレッド』(TOKYO MXほか)の布施翠役など幼い少女の役を多数務めており、「ロリ声に定評のある女性声優」として名前が挙がることも多い。それに加えて、今回の「小倉唯=幼女」が成り立つ図式に「やっぱり小倉唯は幼女だったんだ!!」と確信を抱かせる要因になったのだろう。

 しかし、そこに登場したのは他の女性声優ファンたち。「よく考えろ。石原夏織だって12歳児だ。あの大人っぽい容姿で12歳児だぞ」「竹達だって似たようなもんだぞ。平均13kgくらい」と、各々が推す女性声優の握力を競いあう事態に。

 さらに千年さんこと橋本環奈ファンも登場。橋本は、以前自身のTwitter(@H_KANNA_0203)で体力測定の結果を報告。長座体前屈49cm、反復横飛び52回、50m走8.7秒と平均的な記録が並ぶ中、握力だけは、小倉よりもさらに低い右8.7kg、左10.4kgという記録。「他は普通なのに握力だけ弱いんだぞ!! 本気で手を握っても7歳児と同じくらいなんだぞ! やっぱりはしかんこそ天使だろ!」「興奮します」と主張。

 しかし、この体力測定にはまだ続きがある。この後も様々な競技にチャレンジした2人だったが、小倉が「幼女み」を感じさせたのは腕立て伏せ。なんと小倉は腕立て伏せが一回も出来なかったのだ。石原が苦労しながらも、腕立て伏せをする横でチャレンジするたびに「うえっ」という声をあげながらマットにつぶれる小倉。「ゆいつぶれwwww」「マットで無邪気にしてる感じがくぅぁわいいのでOK」「ひなただ。こうやって体育館のマットで練習終わりに遊んだりしてるのかな…」「この無邪気さは幼女にしか出せないだろ!!」と「小倉唯=幼女」の見解をさらに強めたよう。

 そして、最後の大縄跳びでは「揺れ……ない!」「揺れなくていい」「それでこそ小倉唯」と主張しない胸にも幼女みが。声優業界には、プロレス業界で活躍する清水愛や、ボクササイズに通ったりとトレーニングを積んで美しい筋肉を手に入れた水樹奈々など、鍛えている人もいるが、か弱い女性だからこそ「守ってあげたい」という保護欲がわいてくるのだろう。小倉にはぜひこれからも、自身の幼女みを主張するようなエピソードを作っていってほしい。

最終更新:8/19(金) 13:00

おたぽる

なぜ今? 首相主導の働き方改革