ここから本文です

ご当地グルメから有名店の味まで!時短で美味しい「宅食」最新事情

@DIME 8/19(金) 19:48配信

 健康な体はビジネスパーソンの資本。特にバランスのよい食事をとることは大事だ。しかし料理が苦手、共働きで忙しい、とさまざまな理由でそれが叶わない人も多い。そこでおすすめしたいのが、便利な「宅食」の利用。生の食材ではなく、調理済みのおかずが届けられ、レンジや湯せんで温めるだけでおいしい食事を食べられる。時間を有効に使えてなによりだ。

■一人暮らしでも利用しやすい「ヨシケイ」

専属の栄養士チームが開発する栄養バランスに優れた夕食セットの宅配。和洋中バラエティに富んだおかずを楽しめる「Y*デリ」は3品セットで、1食分から注文できて便利だ。また、冷凍弁当のスタイルで届けられるのが「スマイルミール」や「楽らく味彩」。3~5品のおかずがワンプレートに盛られていて、皿洗いが面倒くさい人でもこれなら大丈夫。

 他に食材の宅配に強い同社らしい、1品手作りして、他は調理済みアイテムであたためるだけでOKという「Lovyu/クイックダイニングコース」もある。料理をマスターしたい初心者の味方だ。

■アイテム数の多さにも驚く「わんまいる」

天然ダシで風味豊かに。できたての味が楽しめるおかずセット「健幸ディナー」は3品のおかず×5食分で税込3480円、ご飯と汁ものがつくと税込3980円。「ホットケーキ(4枚入り)」税込500円など地域名産品や一流ホテルの菓子も取扱い。

 メインの冷凍保存可能な手作りおかずにはじまり、全国のご当地グルメや有名店の品、スイーツ類までと注文できる商品の種類が多い。毎週20品前後の新商品が発売される。旬の手作りおかずセット「健幸ディナー」は、管理栄養士や老舗惣菜店の料理長、同社の社長など食のプロが意見を出し合い、開発している。国産野菜を100%使用、合成着色料や保存料無添加で、1食当たり平均400kcal以下、塩分3.5g以下と健康面への配慮もうれしい。ご飯や汁ものが付くセットもあるので上手く利用を。

エリア限定だが、スタッフがお客様のもとに顔を出し、用事をうかがう「御用聞き」のシステムも取り入れている。

■できたてのおいしさを閉じ込めた「おまかせ健康三彩」

和洋中いずれかの主菜1品と副菜2品がセットになった状態で届けられる。メニューは管理栄養士が健康に配慮し、塩分の上限などを決めながら考案。最新式の急速冷凍システムで水分や旨みを逃さず冷凍するので、解凍後もおいしくいただけるのがポイント。賞味期限が製造日から1年と長いので、多めに買い置きしておき、たまに食べるという利用方法もよさそうだ。

「富士宮やきそば」や「京のおばんざい」シリーズなど、気分の変化が楽しめるご当地グルメ商品もおすすめだ。


 時間を節約できる以外にも、宅食の利点はいろいろある。たとえば体重管理。食事でダイエットをすると、どうしても栄養が偏りがちになる。しかし、宅食会社の低カロリーメニューを利用することで、その心配が少なくなる。また、子どもでもすぐに食べられるので、長時間家を空けるときでも安心だ。

取材・文/中澤美紀子

@DIME編集部

最終更新:8/19(金) 19:48

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き