ここから本文です

リバプールの伝説、35歳でインドで現役復帰。マテラッツィ監督が勧誘に成功

フットボールチャンネル 8/19(金) 8:20配信

 かつてリバプールで活躍した元ノルウェー代表DFジョン・アルネ・リーセが、インドで現役復帰することが決まった。18日にインド1部のチェンナイインが公式サイトで報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 来月に36歳を迎えるリーセは、精神的に適切なサポートをすることが保証できないとして今年の6月13日に母国ノルウェーのオーレスンFKで現役引退を表明。かつてリバプールやモナコやローマで活躍した同選手は、公式戦680試合に出場して52得点を決めた立派なキャリアに幕を閉じたかのように思われていた。

 しかし、その僅か数ヶ月後にインドのチェンナイインで現役復帰を表明。インドへは2015/2016年シーズンに過ごしたデリー・ディナモス以来の復帰となる。リーセは「僕は6月に一度サッカーから身を引いて休憩しようと決断していたんだ。だけど現役復帰の可能性はずっと保ち続けていた」と入団記者会見で現役引退から復帰までに至った経緯について明かした。

 リーセが現役復帰する決断に至ったのは、かつてインテルとイタリア代表で活躍したマルコ・マテラッツィ監督の説得のおかげだという。

「マルコと話をした後に再び新たなやる気が沸いて来たんだ。僕の決断に大きな影響を及ぼしたマルコには感謝しているよ。彼のためにプレーできるチャンスがもらえたことを誇りに思っているし、彼の傍で仕事をすることは、将来指導者を目指したい者としても僕にとって素晴らしい経験になるはずなんだ」

 セリエA時代には、お互いに対戦したことがあるリーセとマテラッツィ監督。これからはインドで共に同じ目標に向けて協力し合って行くことになる。

フットボールチャンネル

最終更新:8/19(金) 11:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。