ここから本文です

補強失敗が続くアーセナル 新たにウルグアイ代表DF狙うも移籍金73億円がネックか

Football ZONE web 8/19(金) 16:08配信

ムスタフィ獲得交渉も失敗か… CB陣強化へ、アトレチコのヒメネスに照準

 センターバックの補強が難航しているアーセナルに、アトレティコ・マドリードのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス獲得の可能性が浮上している。しかし、獲得に向けてアトレチコが設定する6500万ユーロ(約73億円)という高額の契約解除金がネックとなりそうだ。スペイン紙「マルカ」、英紙「デイリー・メール」など複数メディアが移籍の噂を報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 アーセナルは新キャプテンの元ドイツ代表DFペア・メルテザッカー、ブラジル代表DFガブリエル・パウリスタが長期離脱中。フランス代表DFローラン・コシエルニーは欧州選手権参加の影響で合流が遅れるなど、CBの選手層に不安を抱えていた。バレンシアのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィの獲得に動いたが、交渉は失敗に終わったようだ。

 新たに浮上しているのは、2013年に18歳でアトレチコに渡った逸材のヒメネス。21歳ながらワールドカップに1度、コパ・アメリカに2度出場。14年には長年レアル・マドリードとバルセロナによる2強が支配してきたリーガ・エスパニョーラのタイトルも獲得した。世界で最も将来を期待されているセンターバックの一人とも言われている。

 しかし、移籍には大きな障害が存在する。「マルカ」紙によれば、アトレチコは73億円という高額の契約解除金を設定しており、これ以下のオファーは受け付けないようだ。

「お金を使うことを恐れていない」が…

 一方、英紙「デイリー・メール」では、アーセナルは4000万ポンド(約53億円)程度で獲得できると報じている。いずれにしても高価であることに変わりはないが、アーセナルは補強失敗が続いているだけに、なりふりかまってはいられないかもしれない。アーセン・ベンゲル監督も「お金を使うことを恐れていない」と大型補強を示唆する考えを示している。

 長年チームの泣きどころと言われてきたセンターバックの補強は、果たして成功するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/19(金) 16:08

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。