ここから本文です

悲しき“金欠”ミランの補強策… レアルに22歳クロアチア代表MFのレンタル獲得を打診も一蹴される

Football ZONE web 8/19(金) 17:00配信

超緊縮財政が続くイタリアの名門 財政難により思うような補強ができず

 ACミランの財政的な困窮による補強政策は、完全に崩壊している。アドリアーノ・ガリアーニCEOはレアル・マドリードにクロアチア代表MFマテオ・コバチッチの期限付き移籍を申し出たが、レアル側に「問題外」と一蹴されたことが分かった。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

伊メディアが選定 ベルルスコーニ体制下のミランに名を刻む「名手トップ10」

 ガリアーニCEOはトップクラスのゲームメーカー獲得を狙い、22歳のコバチッチをリストアップ。レアルのフロレンティーノ・ペレス会長に電話で期限付き移籍での獲得をお願いしたが、「期限付き移籍など問題外」と一蹴されたという。ミランは先日、中国企業グループに身売りしたものの、売却手続きが完了していないため今夏の移籍市場でも“金欠状態”は継続している。

 欧州の若手でトップクラスのゲームメーカーとの評価を手にしていたコバチッチは、昨夏インテルから移籍金2900万ユーロ(約33億円)でレアルに加入したが、トップクラスのタレントが集う“銀河系軍団”で苦戦。熾烈な定位置争いを繰り広げているが、同ポジションのライバルの後塵を拝している。

 ミランは「小さな王子」の異名を持つアルゼンチン代表MFホセ・エルネスト・ソサを3年契約で獲得したが、サポーターはミランの補強政策の無軌道ぶりに激怒。ソーシャルメディア上で炎上していると地元紙も報じていたほどだ。チャイナマネーが投入されると見込まれる来年1月まで超緊縮財政となるミランだが、今季も苦しいシーズンを送ることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/19(金) 17:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。