ここから本文です

今季のレアル3トップは「ABCトリオ」が基本形!? ベンゼマが腰痛で開幕戦欠場へ

Football ZONE web 8/19(金) 19:24配信

ICCで痛めて状況は改善せず ソシエダとの開幕戦はモラタの先発が濃厚

 リーガ・エスパニョーラは現地時間19日に開幕を迎え、レアル・マドリードは2013-14シーズン以来の覇権奪回を目指す。しかし、ケガがちの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、腰痛により第1節レアル・ソシエダ戦を欠場することになったと、地元紙「マルカ」が報じている。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 ベンゼマはアメリカでのインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)に参戦した際に、腰痛を訴えた。10日に行われたセビージャとのUEFAスーパーカップで途中出場したものの、状況が思わしくなく、ジネディーヌ・ジダン監督はそのリスクを考慮してリーガ開幕戦の欠場を決めたという。

 これでレアルは看板3トップ「BBCトリオ」のうちベンゼマ、欧州選手権決勝でひざを負傷したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの二人を欠き、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルのみがピッチに立つことになりそうだ。

 得点源の二人を欠くのは痛手だが、センターフォワードのポジションにはスペイン代表FWアルバロ・モラタがユベントスから復帰し、ソシエダ戦の先発出場が濃厚と見られている。今年2月以降、負傷による欠場が増えているベンゼマ。今後もコンディション調整に苦しんだ場合、今季のレアル3トップは「BBCトリオ」ではなく、“アルバロ”・モラタの頭文字を取って「ABCトリオ」が基本形になるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/19(金) 19:24

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。