ここから本文です

五輪出場のドルトムントDF、ブンデス3クラブが興味。2014年W杯では優勝も経験

フットボールチャンネル 8/19(金) 11:10配信

 ドルトムントに所属するドイツ代表DFマティアス・ギンターに対して、ブンデスリーガの3クラブが興味を示しているようだ。18日に独紙『キッカー』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 同紙によると、ヴォルフスブルクとハンブルガーSV、RBライプツィヒの3クラブがギンターに関心を示しているとのこと。ただ、ドルトムント側はギンターを放出候補として考えていないようだ。

 ギンターは現在、リオ五輪決勝に進んだドイツ代表のメンバーとして戦っている。2014年W杯では代表メンバー入りを果たし優勝を経験していた。ドルトムントでは昨季リーグ戦24試合に出場し3得点を記録。ドルトムントとは2019年6月まで契約を残している。

フットボールチャンネル

最終更新:8/19(金) 11:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。