ここから本文です

構想外のリバプールFW、ついにC・パレス移籍で決着か。42億円でクラブ間合意

フットボールチャンネル 8/19(金) 11:20配信

 リバプールに所属するベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケが、クリスタル・パレス移籍でクラブ間合意に達したようだ。18日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ベルギー代表としてEUROにも出場したベンテケだが、絶え間ないハードワークとスピードを要求されるクロップ監督のスタイルに馴染めずチームの構想から外れている。そのため移籍先を探していた。

 C・パレスは昨季リーグ戦29試合に出場し9得点を記録したベンテケの獲得に乗り出し3000万ポンド(約39億円)のオファーを提示。しかし、これはリバプール側に拒否されている。

 同紙によると、獲得を諦めないC・パレスは3200万ポンド(約42億円)に増額したオファーを提示。リバプールはこれを受け入れクラブ間合意に至ったとのこと。数日以内にメディカルチェックを行い、その後C・パレス移籍が正式に決まる見通しとなった。

フットボールチャンネル

最終更新:8/19(金) 11:54

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。