ここから本文です

フル3DCGアニメ『GANTZ:O』ドレスコーズによる主題歌MV公開

リアルサウンド 8/19(金) 21:00配信

 10月14日に公開されるフル3DCGアニメーション映画『GANTZ:O』より、本編の映像を使用したドレスコーズによる主題歌「人間ビデオ」のミュージックビデオが公開された。

 本作は、原作コミック『GANTZ』の中でも人気の高い「大阪編」を完全映画化したSFアクション。“ガンツ”によって、大阪に転送された人間たちが、妖怪型の“星人軍団”と命がけのサバイバルゲームに挑む姿を描く。主人公・加藤勝を小野大輔が演じるほか、M・A・O、郭智博、早見沙織、梶裕貴らが出演。総監督を『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』のさとうけいいちが務めた。

 主題歌は原作『GANTZ』の大ファンであるドレスコーズの志磨遼平が手がけた「人間ビデオ」。原作者・奥浩哉は今作について「凄く疾走感があってアクション主体の『GANTZ:O』に似合ってます! 気に入って何度も聞いてます!」と絶賛の声を送った。

 あわせて、本日より全国共通特別前売券が上映劇場で発売された。特典として、 原作者・奥浩哉の描き下ろし原画が収納された、数量限定の貴重なブックレットと、加藤勝(CV:小野大輔)、玄野計(CV:梶裕貴)によるオリジナルボイスドラマが封入されている。

■ドレスコーズ 志磨遼平 コメント
すでに初号試写も観せていただきましたが、おそらくこの映画は「フル3DCGアニメーションの金字塔」として今後語られるであろう作品です。そして主題歌となる “人間ビデオ” は、ゼロ年代を代表する名作『GANTZ』へのぼくなりのトリビュートであり、原作で描かれた人類のいじましさ、業のようなものをテーマとしています。どうぞおたのしみに。

(リアルサウンド編集部)

リアルサウンド編集部

最終更新:8/19(金) 21:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。