ここから本文です

モウリーニョ監督、イブラの契約延長を確信「間違いなくここに2年間残る」

フットボールチャンネル 8/19(金) 12:50配信

 マンチェスター・ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏に加入したばかりのFWズラタン・イブラヒモビッチが契約を延長することになると確信しているようだ。18日に英メディア『スカイスポーツ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 パリ・サンジェルマンを契約満了で退団したイブラヒモビッチは、ユナイテッドと1年間の契約を結んだ。しかしモウリーニョ監督は、同選手が少なくとも2年間はユナイテッドでプレーすることになると確信している。

 イブラヒモビッチの契約についていくつか質問されたモウリーニョ監督は、「彼はここで幸せみたいだね」と口を開くと、「私は彼の家族にそのことを尋ねてみたけれど、彼らの誰もがここを居心地良く感じ、満足しているみたいだね。私は彼にとって家族がどのくらい大事なものであるかを知っている」と返答。

 そして、「彼はとてもやる気に満ちているよ。だからこそ、彼は2年間はここにいるはずだと私は考えている。それは間違いない」とイブラヒモビッチの将来について語った。

 イブラヒモビッチも、先日ユナイテッドでの自身の将来について明かしている。

「何が起こるか見てみよう。未来のことなんて誰にも分らないからね。ここに2年以上、或いは3年間もいることはできるはずだけど、オレがこのパフォーマンスをすることができると感じるまでプレーしたい」

 まだ加入したばかりだが、すでに契約延長の話がされているイブラヒモビッチ。それはもうすでにサポーターのハートを掴み、このチームの主役になったということを意味しているのかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/19(金) 13:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。