ここから本文です

バルサ監督、スーパー杯の“存在意義”を疑問視「我々は二冠した」

フットボールチャンネル 8/19(金) 14:30配信

 バルセロナのルイス・エンリケ監督がスーペル・コパの価値に疑問を投げかけた。18日付け『マルカ』が報じた。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 バルセロナはスーペルコパ2ndレグのセビージャ戦に3-0で勝利し、2試合合計5-0で優勝を飾った。エンリケ監督は「優勝トロフィーを勝ち取るのは素晴らしい」と喜びながらも、「リーグ戦とカップ戦に優勝しているチームが同じならば、この大会を開催する意味が理解できない。ビジネスだから仕方ないのだろうけど、価値を見出せない」とスーペルコパの存在意義に疑問を投げかけた。

 さらにエンリケ監督は古い体制に留まることなく常に進展していかなければならないと主張。「選手や監督は前に進んでいるのに、サッカー自体が過去に縛られ古いシステムのまま進展していない」と運営のあり方を批判した。

 ビジネス志向が強い近年のサッカー界だが、エンリケ監督の主張は届くのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/19(金) 14:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。