ここから本文です

【J1展望】広島×甲府|前節で負傷したP・ウタカの起用法は!? 甲府の堅守を打ち崩せるかがポイントに

SOCCER DIGEST Web 8/19(金) 19:00配信

広島――塩谷と水本がチーム練習に復帰も、陣容は変えない見込み。

J1リーグ・2ndステージ9節
サンフレッチェ広島 – ヴァンフォーレ甲府
8月20日(土)/19:00/エディオンスタジアム広島
 
サンフレッチェ広島
2ndステージ成績(8節終了時):6位 勝点14 4勝2分2敗 16得点・11失点
年間成績(24試合終了時):4位 勝点40 11勝7分6敗 46得点・28失点
 
【最新チーム事情】
●リオ五輪に参加していた塩谷とリハビリ中の水本が全体練習に復帰。
●9年目の中堅・清水と丸谷がチームを牽引。
●P・ウタカが前節の湘南戦で負傷。大事には至っていないが不安が残る。
●湘南戦でミキッチがJ1通算200試合出場(外国人選手として1クラブでの達成は史上3人目)。
 
【担当記者の視点】
 塩谷と水本という日本代表経験者がチームに戻ってきても、森保監督がメンバーを変える可能性は少ない。直近4試合で3勝1敗、6得点・2失点。結果を出している現状を敢えて変える必要もないだろう。9年目を迎えた丸谷と清水が力強い守備だけでなく、得点にも絡む活躍を見せてチームを牽引している。指揮官も考え方をシンプルにして基本的には構成を維持する方向だ。
 
 ただし、今季ここまで17得点・8アシストと攻撃の中心として君臨してきたP・ウタカが、前節の湘南戦で左太もも裏に違和感を覚えて途中交代。幸い、精密検査の結果は大事には至らなかったが、助っ人FWが万全の状態にないことは疑いようがない。「痛みとともにプレーするのは、大きな問題ではない。どういう形で試合に出るかは分からないが、準備は整える」と語ってはいるものの、その後の戦いを考えてどういう判断を森保監督が下すか。シビアな判断が求められる。

甲府――まずは「守備第一」で臨み、ワンチャンスを活かしたい。

J1リーグ2ndステージ・9節
サンフレッチェ広島-ヴァンフォーレ甲府
8月20日(土)/19:00/エディオンスタジアム広島
 
ヴァンフォーレ甲府
2ndステージ成績(8節終了時):13位 勝点8 2勝2分4敗 7得点・14失点
年間成績(25試合終了時):15位 勝点25 5勝8分12敗 25得点・45失点
 
【最新チーム事情】
●ダヴィが1トップで先発へ。ドゥドゥはシャドーにまわる見込み。
●「斜めのロングボールで相手最終ラインの背後を突くことと、ダヴィにどんどんボールを入れて、セカンドボールの奪い合いを仕掛けていきたい」と、佐久間GM兼監督。
●川崎戦で相手選手と接触して左膝を痛めていた土屋は欠場。3バックの右には新里が入る見込み。
●17日は別メニュー調整だった山本と新井は、18日の練習では、時間を限定しながら主力組でプレー。
 
【担当記者の視点】
 前節の新潟戦では、PKで奪った1点を守り抜き、3試合ぶりに勝点3を獲得。第1ステージ・15節の福岡戦以来、実に10試合ぶりとなる完封勝利で、年間順位で16位の名古屋に勝点4ポイント差をつけた。
 
 この勝利の原動力となったのが、負傷から復帰した山本の働きだ。「守備の要」であるベテランCBの統率力は、もはや不可欠。新潟の猛攻を受けても守備が破綻しなかったのは、瞬時の判断と相手との駆け引きに長ける山本の力に寄る部分は間違いなくあった。
 
 山本の先発が有力な今節の広島戦でも、堅牢な守備組織が機能するかが勝敗を左右すると言って良いだろう。そのうえで、出場停止明けのダヴィや2戦連発に期待がかかるドゥドゥに上手くボールを預けて、ワンチャンスをモノにする展開へと持ち込みたい。

最終更新:8/19(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。