ここから本文です

【J1展望】G大阪×神戸|夏場以降に強いG大阪。今季初の4連勝なるか

SOCCER DIGEST Web 8/19(金) 19:00配信

G大阪――リオ五輪組の藤春、井手口はベンチ入り。長沢が3戦連続ゴールなるか。

 
J1リーグ・2ndステージ9節
ガンバ大阪×ヴィッセル神戸
8月20日(土)/19:00/市立吹田サッカースタジアム
 
ガンバ大阪
2ndステージ成績(8節終了時):3位 勝点17 5勝2分1敗 13得点・6失点
年間成績(25試合終了時):5位 勝点41 12勝5分8敗 35得点・26失点
 
【最新チーム事情】
●リオ五輪代表の藤春、井手口が16日からチームに合流。ベンチ入りが濃厚。
●18歳の堂安が前節の磐田戦でJ1初アシスト。今後はスーパーサブとして起用か。
●今季初の3連勝と波に乗る。ホームではここ8戦負けなし(5勝3分)。
●遠藤はJ1通算100ゴールまで、あと1ゴールに迫る。17日には居残りでFK練習を敢行。
 
【担当記者の視点】
 リオ五輪に出場した藤春と井手口は16日に合流し、長谷川監督は神戸戦のベンチ入りを明言。藤春は状態次第で先発もありそうだ。もっとも、左SBのオ・ジェソクが好調なだけに大きな不安はない。
 
 チームは前節の磐田戦に勝利し、今季3連勝と波に乗る。また、長沢が2試合連続途中出場でゴールと強力な“切り札”を持っているのも強みだ。さらに18歳の堂安が磐田戦でJ1初アシストをマーク。ホームでここ8試合負けなしという安定感を含めて、多くの好材料が揃う。
 
 注目は遠藤のJ1通算ゴール記録だ。100ゴールまであと1ゴールに迫りながら、ここのところ足踏み状態が続く。15年の神戸戦では1ゴールを決めており、この試合で大台に到達するか。
 
 第1ステージの対戦は1-2と敗れており、ネルシーニョ体制に移行後の神戸戦は通算1勝1分1敗のイーブン。“ネルシーニョ・マジック”に上手く対応しながら、CS出場に向けて4連勝を飾りたい。
 

神戸――北本、伊野波の欠場を受け、五輪帰りの岩波が猛アピール。

 
J1リーグ・2ndステージ9節
ガンバ大阪×ヴィッセル神戸
8月20日(土)/19:00/市立吹田サッカースタジアム
 
ヴィッセル神戸
2ndステージ成績(8節終了時):7位 勝点13 4勝1分3敗 14得点・9失点
年間成績(25試合終了時):11位 勝点33 9勝6分10敗 37得点・34失点
 
【最新チーム事情】
●前節のFC東京戦で北本が右頬骨を骨折(全治約1か月)。伊野波は累積警告により出場停止と、CBふたりが欠場。先発は五輪から戻ってきた岩波と高橋祥か。
●FC東京戦ではレアンドロ、P・ジュニオール、ニウトンのブラジル人トリオが揃い踏み。好調をキープする。
 
【担当記者の視点】
 ここ数試合CBを務めていた北本(右頬骨骨折で全治約1か月の離脱)、伊野波(累積警告による出場停止)が不在なのは懸念材料だ。ただ、リオ五輪から戻ってきた岩波は今週火曜日の全体練習から合流しており、未出場に終わった本大会での鬱憤を晴らそうと意気込んでいる。
 
 一方、ブラジル人トリオは好調をキープしている。前節のFC東京戦では、それぞれ1ゴールずつを決める好パフォーマンスを披露。6月に加入したニウトンは「まだ時間がかかる部分はありますが、段々良くなっている」と一定の手応えを語る。
 
 第1ステージでの対戦では、関西のライバルから13年以来の勝利を掴んだ。ホームでの一戦同様、アウェーでも歓喜を味わいたい。
 
 
 

最終更新:8/19(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。