ここから本文です

【J1展望】大宮×仙台|停滞する大宮と上昇気配の仙台。勝利して上位を窺うのは?

SOCCER DIGEST Web 8/19(金) 17:00配信

大宮――勝利には攻め切る意識が必要だ。

J1リーグ2ndステージ・8節
大宮アルディージャ – ベガルタ仙台
8月20日(土)/18:30/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
2ndステージ成績(8節終了時):11位 勝点10 2勝4分2敗 7得点・7失点
年間成績(25試合終了時):8位 勝点36 9勝9分7敗 24得点・25失点
 
【最新チーム事情】
●奥井、黒川が全体練習に合流。
●古巣戦となる和田は左SBで先発復帰か。
●悪天候と猛暑が続くなか、練習時間の変更も。
 
【担当記者の視点】
 前線からの強度の高い守備や細かくパスをつなぐポゼッションなど、少しずつやりたいサッカーを体現できるようになったが、結果が付いてこない。特に先制した試合で勝ち切れないことも目につき、ゲームコントロールや状況に応じた戦いを選択できるようにしていく必要がある。
 
 そのためにトレーニングから重視しているのは、リードを奪った状況での共通理解だ。現状ではリード時に守りに入る意識が強く働き過ぎ、上手くアドバンテージを活かせていない。
 
 1点を守り切って勝つことも時には必要だが、現在の課題と照らし合わせれば、前掛かりになる相手から冷静に2点目を奪う意識を持つことは必須。年間順位で上位を目指していくためにも、この課題を克服したい。

仙台――いまだに18人ギリギリの状況は続く…。

J1リーグ2ndステージ・8節
大宮アルディージャ – ベガルタ仙台
8月20日(土)/18:30/NACK5スタジアム大宮
 
ベガルタ仙台
2ndステージ成績(8節終了時):9位 勝点13 4勝1分3敗 10得点・11失点
年間成績(25試合終了時):9位 勝点36 11勝3分11敗 30得点・36失点
 
【最新チーム事情】
●梁が全体練習に部分合流。紅白戦は回避しており、今節の復帰は難しい。
●前節途中から左SBに入った藤村が同ポジションで先発出場濃厚。
●P・ジオゴが右サイドハーフで初スタメンの可能性あり。
 
【担当記者の視点】
 前節・柏戦はR・ロペス、ウイルソンのブラジル人2トップのゴールもあって4-2と快勝。第2ステージでは勝ち数が負け数を上回り(年間では五分五分)、チーム内のムードは一段と高まっている。
 
 そんななかで大黒柱の梁が今週から全体練習に部分合流。しかし、チームが好調なだけに、復帰は急がせない模様。そのため、今節・大宮戦も“健康体”で出場できる選手が18人ギリギリという状態に変わりはない。
 
 懸案の左SBには、前節途中からポジションに入って安定したプレーを見せた藤村の起用が濃厚だ。中盤では奥埜が左に回り、右には福岡戦でのデビュー以降に出番のなかったP・ジオゴを起用しそう。
 
 ただ、右サイドハーフでは茂木も好パフォーマンスを見せている。成長を続ける2年目をスタートから使う選択肢もありそうで、直前まで渡邉監督も頭を悩ませそうだ。

最終更新:8/19(金) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。