ここから本文です

【浦和】槙野が語った”首位決戦”のポイント。川崎戦は「どれだけ高い位置でボールを動かせるかが鍵になる」

SOCCER DIGEST Web 8/19(金) 18:00配信

3-4-2-1のミラーゲームなら、浦和に分があるか。

 8月20日(土)に行なわれるJ1第2ステージ9節の川崎戦に向け、槙野が集中力を高めている。この試合は、第2ステージ、年間順位とも首位を争う文字通りの大一番。第1ステージでは1-0で浦和が勝ったが、「ひとつのミスが命取りになる」と背番号5に一切の油断はない。
 
 攻撃的なイメージが強い川崎だが、浦和戦はブロックを作ってショートカウンターを狙う傾向が強い。また、川崎は多くの怪我人を抱えており、3-4-2-1で挑む可能性もあるという。ミラーゲームになれば、3-4-2-1に慣れ親しんでいる浦和に分がありそうだ。
 
 もちろん、カウンターには警戒が必要だが、槙野が「どれだけ高い位置でボールを動かせるかが鍵になる」と言うように、敵陣でサッカーをする時間が長ければ長いほど、浦和の勝機は高まる。この日本代表DFの攻撃参加の回数が、試合の趨勢を見極めるひとつのバロメーターになるかもしれない。

最終更新:8/19(金) 19:38

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。