ここから本文です

映画『後妻業の女』:大竹しのぶが後妻に入って財産を狙う女をコテコテ感満載に演じる

ローリングストーン日本版 8/19(金) 11:30配信

スキとかキライとか有無は言わせずねじ伏せてくる濃い口の演技が、画面の隅々に充満している。大竹しのぶの独壇場。共演の豊川悦司や笑福亭鶴瓶も乗り遅れるわけにはゆかずケレン味たっぷりだし、大竹と尾野真千子の取っ組み合いの喧嘩も迫力満点。原作の黒川博行がこだわった関西弁もコテコテ感を後押しし、濃い味の娯楽作品になった。監督は『愛の流刑地』の鶴橋康夫。

【動画あり】映画『後妻業の女』:大竹しのぶが後妻に入って財産を狙う女をコテコテ感満載に演じる

金持ちの後妻になっては財産をせしめる詐欺の話。二股をかけることもある。単独犯ではなく相棒がいて、出会いの場を提供する結婚相談所の所長、これがまた曲者で豊川悦司が演じている。実際に老人たちに接近するのは大竹しのぶ演じる小夜子だ。

小夜子はいかに振る舞えば男たちが心を許すかそのツボを心得ている。あまりにも簡単に引っかかってくる男たち。後妻業にオレオレ詐欺。この国って、詐欺(にだまされるひと)が多すぎない?

本人は気分よくあの世に行けるかもしれないが、黙っていられないのは多少なりとも財産を期待していた家族たちだ。そのひとりを演じる尾野と大竹の取っ組み合いはそこで生じる。それにしても小夜子という女はいかにして生まれたのか。だまされる老人たちよりも、天涯孤独に見える小夜子がじつはいちばん哀れに思えてくる。

『後妻業の女』
★★★
監督/鶴橋康夫
出演/大竹しのぶ、豊川悦司ほか
8月27日(土)より、全国東宝系にて公開
http://www.gosaigyo.com/

Text by Noriko Yamashita

RollingStone Japan 編集部

最終更新:8/19(金) 11:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA