ここから本文です

「365日アートフェア」を掲げ、ホテル アンテルーム 京都が増床リニューアル

ニューズウィーク日本版 8/19(金) 16:11配信

 2011年、京都駅の南側の学生寮をリノベートし、誕生した「ホテル アンテルーム 京都」。"京都のアート&カルチャーの今"を発信するホテルとして、アートやモード関係者にもファンを多く得てきました。そして、今夏、学生寮だった別棟を新たに改装して67室を増床し、グランドリニューアルオープンしたのです。

(参考記事:海外旅行客にも人気の「ホテルクラスカ」に、"彩色と無彩色"がテーマの新しい客室が誕生です。)

 アートディレクションを手がけたのは、名和晃平率いるSANDWICH。増床された各部屋には、それぞれ異なるアーティストの作品が展示されています。特に注目したいのが、1階に2室、6階に6室ある「コンセプトルーム」。名和晃平、ヤノベケンジ、蜷川実花など、日本のアートシーンの最先端で活躍する8組のアーティスト自らが、壁や床、家具、備品にいたるまで空間全体をコーディネート。部屋に一歩入れば、その独自の世界観を独り占めし、心ゆくまでアートを堪能できるのです。気に入った作品は購入も可能で、購入後は新しい作品が展示され、ホテル全体が新陳代謝していくというシステム。客室だけでなく、作品はパブリックスペースのあちこちにも展示され、著名アーティストから若手まで、これほどバラエティに富んだ作品が一堂に見られるのは世界的にも珍しいこと。まさに新しいコンセプトである"365日アートフェア"を体感できるでしょう。

(参考記事:これぞ、カステラ! 京都にできたポルトガル菓子専門店「カステラ・ド・パウロ」が人気です。)

 ほかにも、オリジナルグッズや関連アーティストの作品を販売するショップが新設され、アーティストが滞在し、制作をするアトリエでは、作品が生まれる臨場感を目の当たりにすることも。エントランス近くの「ギャラリー9.5」では、現在、名和晃平、ヤノベケンジ、やなぎみわなど24組のクリエイターの作品が見られる「ULTRA×ANTEROOM exhibition 2016」を開催中(~9月11日まで)です。

(参考記事:アンクルトリスでおなじみの柳原良平、没後初の「企画展 柳原良平 海と船と港のギャラリー」が開催されます。)

 京都駅の南側が、これからますます京都のアートの発信地として盛り上がっていく予感。いち早くお気に入りの部屋を指名予約して、躍動するアートと濃密な時間を過ごしてみませんか?

ベッドボード上の巨大化した洋服のフックが目を引くこちらは、ヤノベケンジのコンセプトルーム。ナイトランプとして利用できる。写真には写っていないが、引出し取手を巨大化した、スツールとして座れるオブジェもある。

満開の桜に圧倒される、蜷川実花によるコンセプトルーム。壁から天井、カーテン、ベッドカバーまで、グラフィックに配された桜の写真で埋め尽くされている。庭には桜の木が植えられた。

美術家、矢津吉隆が運営する「KYOTO ART HOSTEL kumagusuku」のコンセプトルーム。"ホテルの中のホステル"という入れ子構造が面白い。映像を見るための最高の環境として、真っ暗闇の世界を作り上げた。テレビは大迫力の60インチ。

中庭の「石庭 京都鳥瞰図」はartlessの川上シュンと金子カズキと、united flowersの田中孝幸のコラボレーション作。主木のヤマモモを京都御所に、鉄の間仕切りで京都を東西南北に貫く大通りと鴨川の流れに見立てたグラフィカルなデザイン。ここから始まる洛中への旅をイメージした現代版の石庭だ。© yuu kawakami

新設されたショップでは、オリジナルグッズや関連アーティストの作品を扱う。

ホテルの顔である名和晃平による鹿の剥製を使ったオブジェも新しい表情に。

HOTEL ANTEROOM KYOTOホテル アンテルーム 京都京都市南区東九条明田町7TEL: 075-681-5656シングル¥6000~、庭付きツイン¥15000~、コンセプトルームツイン(朝食付)¥18000~※すべて1部屋の価格。価格はシーズンにより変動します。チェックイン10時、チェックアウト15時www.hotel-anteroom.com


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。



小長谷奈都子 ※Pen Onlineより転載

最終更新:8/19(金) 16:11

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)