ここから本文です

勝てる手土産:大事な仕事仲間に感謝をこめて渡したい手土産3選

東京カレンダー 8/19(金) 5:20配信

ビジネスシーンに合わせた手土産をご紹介してきた「勝てる手土産」連載も今回が最終回。今回は、実は一番大事な仕事仲間に「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝える手土産をご紹介しよう。

【この記事の全ての写真】

ビジネスで勝つには仲間の存在が必須。身近な存在だからこそ何かの折に美味しいものでコミュニケーションの種にすることで結束を深めよう。同僚が昇進したり、受注を決めたりしたとき、一緒に喜ぶ手土産を紹介しよう。

知らなきゃ損! 今話題のフルーツ花束で注目を集める

憧れの手土産フルーツバスケット。オフィスにフルーツ手土産はなかなかハードルが高いが、『プレジール』の「フルーツブーケ」なら問題解決。

「フルーツブーケ」とはアメリカ発祥のフルーツを花束に見立ててアレンジメントした贈り物。『プレジール』では人を想う(贈る)気持ちを大切にしたいというオーナーがこだわり、厳選した新鮮な果物を使用している。

旬の果物によって種類も変わるので、選ぶ楽しみもあり、ギフトに最適だ。開けた瞬間から色鮮やかなカットフルーツの華やかさに目を惹かれるのはもちろん、存在感抜群のボリュームはオフィスの注目の的となること間違いなし。

女性の多い職場はもちろん、朝や遅めの時間などお渡しする時間を選ぶことで健康的に楽しんで食べてもらうこともできる優れもの。仲間を思いやる気持ちが伝わる。

成功は積み重ねてきた証。積み上げたいお祝いに最適な手土産

昇進にしても受注にしても大切のは「積み重ね」。積み重ねてきた努力や功績を讃えるのにふさわしいちょうどいい手土産といったらこれしかない。

カステラの名店、『福砂屋本店』の「フクサヤ キューブ」はカステラが2切れ、キューブ状の箱に入っている。職人が匠の技で焼いたカステラは卵の風味が豊かに広がる逸品だ。小ぶりな箱なので複数買って持っていくことで分けやすく、一人でも食べやすい手土産向き。

キューブは積み木のイメージで、まさに昇進・昇格した方が一つ一つ仕事を積み重ねてここまできたということに対して、敬意を表しお渡しできるアイテムだ。

これからも益々キャリアを積んでください、という期待の意味を込めて持って行こう。

休日出勤の粋な差し入れ手土産。オフィスでクラフトビール

休日の出勤で頑張っている同僚にサプライズで差し入れを持って行こう。お酒の手土産はどうだろう。オフィスでビール? となりそうだが非日常感がまた良い活力につながる。粋な計らいだと喜んでくれることまちがいない。

ここで工夫したいのは、いつも飲んでいるお酒ではなく、海外や地方のクラフトビールをセレクトすることだ。

オフィス飲むビールは格別、同僚だけで小さな飲み会を開こう。一緒に働く仲間には笑顔で元気でいてほしいもの。

気軽に買っていった小さなアイテムが特効薬になることもある。ぐっと距離が縮んでコミュニケーションも深まり、チームの団結力も高まるという効果も期待できる。

東京カレンダー株式会社

最終更新:8/19(金) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。