ここから本文です

グルメサイトの評価もうなぎのぼり! 地元民が集うバルセロナの新店

CREA WEB 8/19(金) 12:01配信

行くなら今すぐ!バルセロナで貴重な「地元の人しか知らないおいしいお店」

 日本のお客さんから聞かれて困ることのひとつに、「地元の人だけが知っている、おいしいお店を教えてほしい」というお願いがあります。最近では、お店の評判はあっという間にグルメサイトやSNSなどで世界中に拡散されて、「地元の人だけが知っているお店」などというものは、ほぼなくなりつつあるといっても過言ではないのです。

 が、しかし。わずかとはいえ、まだ時折、お客さんのほとんどが地元民で、しかもとびきりおいしい、というお店に出会うこともあります。今回ご紹介するのは、まさにそういう一軒です。

 お店の名前は「La Mundana de Sants(ラ・ムンダナ・デ・サンツ)」、通称「ラ・ムンダナ」。店構えは何の変哲もなく、パッと見たところ、よくある小ぎれいなバル・レストランといった感じです。正式名称に「de Sants(サンツ地区の)」という表現がついていることからも分かるように、オーナー自身もあくまで地元民に親しまれるお店を目指したとのこと。

 ところが、ここで出される料理が半端なくおいしいということで、2015年12月のオープン以来、あっという間に連日満員の大盛況に。近所のお客さんからの口コミが加速度的に広まり、最近は評判を聞きつけた地元メディアにも取り上げられるようになってきました。

なんだかものすごくおいしい料理の数々

 どんな料理が提供されるかというと、これがひとくくりに「○○料理」と定義するのが難しく、言うなれば、地元料理をベースに色々な国の食材や料理法をムンダナ風にフュージョンしたもの、という感じ。ベースになっている料理はごくありふれたものでありながら、ひと味違ったソースや食材が加わっていたり、調理法がアレンジされていたり。

 びっくりするような、想像もしていなかった味がするというよりも、「ベースは確かに○○なのだけれど、どこか普通の○○ではなく、なんだかものすごくおいしい」という料理が出てくるのです。

 飲み物はカバやシャンパンもあるけれど、ここはぜひベルモットをチョイス。お店のキャッチフレーズに「Vermutería Gastronómica」、つまりベルモットバル・ガストロノミーと銘打っているだけあって、甘口から辛口まで地元カタルーニャ産のものを中心に14種類ものベルモットが揃っています。

 食事の締めくくりには、こちらも期待を裏切らないおいしさのデザートが待っています。料理のおいしさに釣られて食べ過ぎてしまい、デザートを食べられなくならないよう、ご注意を。

 これだけおいしくて、しかもおなか一杯食べて飲んで一人30ユーロ程度、というリーズナブルな料金設定もうれしい限りです。最近ではグルメサイトでの評判もうなぎのぼりで、観光客が押し寄せるようになるのも時間の問題。ぜひ今のうちに足をお運びください。

La Mundana de Sants(ラ・ムンダナ・デ・サンツ)
所在地 Calle Vallespir, 93, 08014 Barcelona
アクセス 地下鉄3号線 Plaça del Centre駅よりすぐ
電話番号 934-088-023
営業時間 火曜~土曜 13:00~16:00、20:00~24:00、日曜 13:00~16:00
定休日 月曜
URL http://www.lamundana.cat/

Santa Burg(サンタ・ブルグ)
URL http://www.santaburg.com/

坪田みゆき(つぼたみゆき)
バルセロナ在住、コーディネイター。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)イスパニア語学科卒。在東京スペイン政府観光局勤務などを経て、2004年よりバルセロナ在住。バルセロナ、バレアレス諸島(マヨルカ島他)、バスク地方などを中心に、スペイン全土の取材・撮影コーディネイトの他、通訳・翻訳業務も行っている。http://spainbcn.exblog.jp/

坪田みゆき

最終更新:8/19(金) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。