ここから本文です

松原智恵子の芸歴55周年記念映画が公開 「ずっと女優を続けていく」

エンタメOVO 8/20(土) 14:20配信

 映画『ゆずの葉ゆれて』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の松原智恵子、辻本祐樹、中村美沙、子役の山時聡真ほかが登場した。

 本作は、松原の芸歴55周年記念主演作。少年との触れ合いを通して夫婦の絆と別れをさわやかに描く。

 松原は作品について「脚本を頂いた時、すぐにやりたい役だと感銘しました。見終わった後に、優しい気持ち、温かい気持ち、人を思いやる心、そういうものを受け取っていただけたらとてもうれしいです」と語った。

 「55周年の節目に、この映画は人生の中でどういう存在になった?」と質問された松原は「私自身、55年たったとは思っていなかったんです。宣伝の方に『松原さん、今年55周年ですよ』って言われて、『16、17、18…』と数えたら、55年たっていました」と“天然”発言で、会場の笑いを誘った。

 一方、松原と共演した感想を聞かれた聡真くんは「撮影が終わった後にご飯を(一緒に)食べるのが楽しみで、松原さんと食べる時はいつも『野菜を食べなさい』って優しく注意してもらってました」とエピソードを披露。

 松原も「(彼は)野菜が嫌いですから、一生懸命食べるようにって(言っていた)」と明かし、さらに聡真くんに「大きくなって。私もずっと(女優を)続けていくから」と再共演を呼び掛けると、会場のファンから拍手が湧いた。

最終更新:8/20(土) 14:20

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。