ここから本文です

竹内涼真「松岡修造さんの座を奪いにいく」 土屋太鳳「私は女優を続けていたい」

エンタメOVO 8/20(土) 14:38配信

 映画『青空エール』の公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の土屋太鳳、竹内涼真、葉山奨之、堀井新太、松井愛莉、上野樹里、三木孝浩監督が登壇した。

 本作は、トランペット初心者ながら名門の吹奏楽部に入部し、ひたむきに夢を追い続けるヒロイン小野つばさ(土屋)と、甲子園を目指す野球部員でつばさと互いの夢を応援し合う山田大介(竹内)の切なくも温かい“両片思い”を描く。

 「皆さんこんにちは。映画はいかがだったでしょうか?」と質問を投げ掛けた土屋は、観客の大きな拍手に包まれると、感激した様子で「皆さんの笑顔を拝見できるだけで胸がいっぱいで…。言葉にならないです。本当にありがとうございます」と語り、目を潤ませた。

 また、開催中のリオデジャネイロ五輪にちなんで2020年の東京五輪の話題も。“東京五輪までにかなえたい目標”を尋ねられた竹内は「2020年もやっぱり“オリンピック晴れ”でやってほしい。日本が晴れの時って誰が一番影響をもたらしているかっていうと、それは松岡修造さんなんですよ。なのでその座を奪いにいきたいと思います!」と宣言した。

 会場が盛り上がる中、竹内は「すごく尊敬していて、たまに似ているって言われるんですが、すごくうれしくて」と笑顔で続け、「熱い気持ち、熱いハートを前面に出している方ってあまりいない。あの爆発力が日本に必要だと思うんです。ああいう、人を元気にする存在になっていたいです。弟子入りしているかもしれないです」と熱く語った。

 一方、土屋は「私は女優を続けていたいなと思います。こればかりは本当にいい作品と役柄に出会えないとできないことですが…。お仕事をしながら大学を卒業して、せっかく体育大なので、何か自分で五輪に関われたらと思います」と語り、ほほ笑んだ。

最終更新:8/20(土) 14:42

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。