ここから本文です

搭乗してバトルも!「ロボット」テーマパークで大興奮

R25 8/20(土) 7:00配信

子供のころ思い描いていた未来はもっとスゴいはずだった。車は空を飛び、もっと気軽に宇宙旅行もできて、そしてボクらの暮らしはロボットがもっともっとサポートしてくれる。ドラえもんだって夢じゃない…はずだった。が、残念ながら現実を見ると、ロボットが家庭で大きな役割を果たしているわけではない。

ただ、そんな夢の世界を体験させてくれる場所があるのだ。その名も「ロボットの王国」。長崎は佐世保のハウステンボス内に、日本初のロボット尽くしのアミューズメント施設がこの夏オープンした。

ハウステンボスでは、「花」や「光」、「ゲーム」などのコンセプトを持った“王国”を展開しているが、ロボットの王国はその6番目。目玉はロボットと一緒に遊んだりロボットづくりが体験したりできる「ロボットの館」。体験型アトラクションだけでなく、ロボット関連の企業の展示ブースやロボットを実際に購入できるロボットショップなどがあり、胸が躍ること間違いなし、だ。

他にもいたるところでロボットづくし。「変なレストラン ROBOT」はロボットが店長やシェフを務めるレストラン。人工知能(AI)搭載のコンシェルジュが店内を案内し、ロボットシェフが巧みなコテさばきでお好み焼きを調理する…。まさに夢に描いた近未来だ。

そして、やっぱり気になるのが“操縦体験”。「こどもロボット館」では、実際に操縦できるロボットに搭乗して“バトル”をすることができるのだ! 基本的に子供向けなので、人が多いときは大人は見て楽しむだけ…となりがちなのがちょっと残念なくらい。

他にも複数のロボットが集団で息の合ったダンスを披露してくれるロボットステージショー、移動支援ロボット「エアホイール」の体験試乗…とまさにロボットづくし。さらにオープニング特別企画として、あの「機動戦士ガンダム」の期間限定スペシャル映像を上映中。巨大な3面スクリーンに映し出される映像が、ミラー貼りの天井・壁・床まで反射し、まるで“本物”の迫力でガンダムの世界が味わえる。まさに、大人も子供も全力でロボットに触れて遊べるロボットの王国なのだ。

なお、もっと近場で気軽にロボットに会いたい…という人は、アミューあつぎ(神奈川県厚木市)内にある「あつぎロボットゆうえんち」もおすすめだ。全国の科学館などでのロボットイベントを運営する「ロボットゆうえんち」の常設展示施設で、最新ロボットの展示からロボットづくり体験、二足歩行ロボットを操ってのサッカー体験などができる。

まだまだボクらの生活のなかで、身近な存在にはなっていないロボットたち。とはいえ、これらの施設に足を運んでみれば、ロボットとともに暮らす未来がそう遠くないということが実感できるはずだ。

●ハウステンボス ロボットの王国

所在地:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1(ハウステンボス内)
入場料:1DAYパスポート 大人6700円、中高生5700円、4歳~小学生4300円、65歳以上6200円
営業時間:9:00~22:00 ※日によって異なる
URL:http://www.huistenbosch.co.jp/event/robot/

●あつぎロボットゆうえんち
所在地:神奈川県厚木市中町2丁目12-15(アミューあつぎ内)
営業時間:平日12:00~20:00、土日祝10:00~20:00
URL:http://www.robotyuenchi.com/

(鼠入昌史/Office Ti+)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/26(金) 19:09

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

なぜ今? 首相主導の働き方改革