ここから本文です

川口春奈、ゲイに恋するヒロインを熱演「同じ立場でもきっと好き」

東京ウォーカー 8/20(土) 14:39配信

持ち前の高い演技力に大人の魅力が加わり、女優としてますます輝きを増していく川口春奈さん。人気WEBコミックが原作の『にがくてあまい』では、仕事に恋に一直線の肉食系ヒロインをコミカルかつキュートに体現している。

【写真を見る】伏し目がちな表情がセクシー!大人の魅力が漂う

「マキは言動が大胆で、とにかくいろんな表情をするんです。コメディって大きく表現しないとなかなか伝わらないので、余計な制限を設けずに思いきり演じました。マキほどではないけど、私もどちらかというとがさつな方なので、共感する部分も多かったです(笑)」

劇中にはさまざまなベジタリアンメニューが登場。そのどれもがおいしくて「つい食べ過ぎてしまいました(笑)」と撮影を振り返る。「カメラテストの時って本当は食べるふりだけでいいんです。でも気付くと本番同様に食べてしまって、フードコーディネーターさんをあせらせてしまったことも…」

食事シーンの川口さんの表情は本当に幸せそうで、観ているこちらまでお腹が鳴ってしまいそう。「ですよね!私も試写を観ながら『お腹空いたなぁ』って思いました(笑)。“食”がフィーチャーされた作品なので、ぜひ観て、作って、食べてほしいです」

マキの同居人で、彼女に食の大切さを教えてくれる渚(林遣都)は、菜食主義者で実はゲイ!かなりハードルの高い相手に恋してしまったマキのことをどう思う?

「あくまでも個人的な意見ですけど、人を好きになるのに性別なんて関係ないと思うんですよね。男だからとか女だからということ以前に、まず人として好きになるわけだから…。誰かを好きになるって、とても素敵なこと。自分が同じ立場に立ったとしても、きっと迷わず好きでいると思います」

このインタビューが掲載される頃、世は夏休みの真っただ中!川口さんの夏の思い出や、この夏やってみたいことは何ですか?

「海に囲まれた島(長崎県五島市)で育ったので、バーベキューやキャンプなどのアウトドアは日常のなかにありました。最近はめっきりインドア派ですが、サーフィンが好きなので夏だけはアクティブに過ごします。今年の夏は少しだけお休みがもらえそうなので、どこか旅行に行こうと計画中です!」【東京ウォーカー編集部】

最終更新:8/20(土) 14:39

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革