ここから本文です

田原総一朗 「疑問を疑問のままで終わらせるのが好きじゃない」

BEST TIMES 8/20(土) 6:00配信

『変貌する自民党の正体』(ベスト新書)を上梓。常に第一線のジャーナリストとして活躍したきた田原総一朗氏に話を聞いた。

Q20.80歳を過ぎても朝までの討論番組の司会をし、多くの著作を出版できる秘訣は? 

      元来が好奇心の虫なんです(笑)。それが原動力になっています。とにかく今流行っているものとか、世の中の事象だとか、様々なことに興味が向いてしまって仕方がない。
 僕は毎朝、6つの新聞に目を通します。これは情報を仕入れるためではないんです。同じ事件や政治の問題にしても、各紙で取り上げ方や書き方、記事の論調の方向性が違うからです。新聞を読み比べていくと、なぜ、違いが生まれたのかという疑問が生まれてくるんです。
 例えば、要人の発言だったり、会見だったりすれば、発している言葉は変わらないはずですよね。それが新聞によって捉え方や表現の仕方が違ったり、また、見解が違っていたりする。
 そんな疑問を感じると、記事を書いた新聞記者に連絡して聞いたり、取材やインタビューしたことのある政治家や企業の経営者であれば、直接電話してみたり、場合によっては、直接会いに行くこともします。取材です。
 疑問を疑問のままで終わらせるのが好きじゃないんだな。これは子供の頃に終戦を迎えて政府の偉い人や教師が言うことが180度変わり、信用できないと思った事に由来している。自分の目で見て、耳で聞かないと、本当のことがわからない、確かめられないと思っているから。
 だから、仕事でもあり、好奇心旺盛の延長線上にあるんだけど、人と会って話を聞くことが大好きなんです。今でも多いときは1日に5から10人に会うこともありますよ。個人的な取材の時もあれば、雑誌やテレビ局が企画した、インタビューや対談のこともある。疑問を解くため、確かめるための取材が、新たな事象の発見になったり、興味を持ったりするきっかけになることもしょっちゅうです。
 僕は自分が、とりわけ才能がある人間だとは思っていません。好奇心に揺り動かされ、そこから生じた疑問や、問題点を自分が納得いく形で理解し、伝えたいと思っているだけです。だから、たくさんの新聞を読み、人と会う。多角的な意見や見識を知ることで、自分の中でも考えがまとまっていくんです。これは、若い人にもお勧めしますよ。そんな行動が、僕が「老人」と言われる年齢になっても、現役でジャーナリストをしていられる要因なんです。


*

明日の第二十一回の質問は「AIの他に田原さんが気になるイノベーション的な動きはありますか?」です。

取材・文 松尾直俊/写真 能川拓也

最終更新:8/20(土) 6:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。