ここから本文です

ねじりをきかせた上品アレンジ♪ こなれフェミニンなサイドポニー

集英社ハピプラニュース 8/20(土) 20:00配信

首筋まで汗が流れる真夏日は、髪をまとめて涼しく過ごしたいもの。だからといってすべての髪をひとつに束ねるのは味気ないし、女らしさが出ないかも・・・? そんな悩みにマッチする、きちんと感がありつつ、デートの日でもばっちり可愛いヘアアレンジをご紹介します!

髪を片サイドに寄せ、ピンとバレッタで留めるアレンジ。ポイントは女性らしさとこなれ感を高めてくれるおくれ毛。こめかみやうなじにねじり毛束でニュアンスを作るだけで“ひっつめてる感”をなくし、力の抜けた仕上がりがアレンジの印象をやわらかくしてくれます。また、両サイドの毛束はねじり編みをプラスすれば髪がくずれにくいし、横顔&後ろ姿も美しい♡

【HOW TO】
1 全体にボリュームを出すため、19mmのアイロンで根元までしっかりと巻きます。とくにトップは波々になるよう意識して!

2 中間~毛先にオイルワックスをもみ込み、動きに立体感を出しましょう。

3 サイドから毛束をとってリバース方向にねじり、下の髪をすくい取る→ねじる工程(ねじり編み)をえり足まで繰り返します。

4 ねじり部分の髪を指先でつまみ出してピン留め。反対側も同様にねじり編みをしていきます。

5 両サイドのねじり毛束を左下で合流させ、ピンを数本使って留めたらバレッタをオン。最後に爪の先を使って細いおくれ毛を引き出して完成。

スタイリスト/溝口潤(ZACC Ao) モデル/杉本麻衣佳  文/井上ハナエ

ZACC Ao

集英社

最終更新:8/20(土) 20:00

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。