ここから本文です

映画『ディアスポリス』インターナショナル版予告編公開

リアルサウンド 8/20(土) 5:00配信

 9月3日公開『ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-』より8月24日にドラマ版『ディアスポリス 異邦警察』、映画版『ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-』のサウンドトラックがそれぞれ配信限定で発売される事を記念し、インターナショナル版の予告編が公開された。

 本作はすぎむらしんいちの原作漫画を映像化した作品で、映画公開に先駆けTVドラマ『ディアスポリス 異邦警察』が2016年4月から放送された。日本の官庁が関与しない銀行や病院、警察組織「ディアスポリス」が存在する秘密組織・裏都庁を舞台に、異邦警察の警察官・久保塚早紀の活躍を描く。主人公・久保塚を松田翔太が演じるほか、浜野謙太、須賀健太、NOZOMU、安藤サクラ、柳沢慎吾らが名を連ねる。監督は『私の男』の熊切和嘉がメガホンをとった。

 この度公開されたインターナショナル版の予告編では、英語で出演者が紹介されながら各キャラクターの見せ場が描かれていく。全編英語字幕入りで、松田翔太が中国語を操る場面も。アップテンポなBGMと共に、犯罪組織「ダーティイエローボーイズ」との争いの一端が描かれている。最後は「死んじゃうなあいつら……」という松田翔太の台詞と共に予告編は終わる。

 音楽を手がけた渡邊は「熊切監督は国際的にも注目されている監督なので、海外の人達にも この作品を知ってもらいたい」とコメントしている。渡邊琢磨による本作のサウンドトラックは配信限定で8月24日より発売。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/20(土) 5:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。