ここから本文です

【浮気事件簿】献身妻が心底ウザい! エリート夫の逃避行 終着駅はボッタクリ寿司

Suits-woman.jp 8/20(土) 10:00配信

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこかを紹介。



今回の依頼者は松浦美和さん(37歳・仮名)。実家が経営している不動産管理会社で事務をしています。美和さんは、アラフォーの女性でありながら、ピュアな少女のような雰囲気。こちらが話しかけても、回答を迷いながら話すので、通常のカウンセリングより時間をかけて話を聞き出すことにしました。

事務所にお見えになった時は、白のフリルブラウスにネイビーのミモレ丈スカートに、フランスの女優が愛用していたバレエシューズ(黒)を履いていました。バッグはパールのビジューがついた黒いレザーのもの。真夏にも関わらずストッキングをはいていて、きちんと化粧もしており、背筋を伸ばして膝頭を揃えて座っています。言葉使いも丁寧で美しく、今時珍しい“正統派お嬢様”という感じがしました。

「相談と言うのは夫のことで……私は結婚して3年になるのですが、夫が先月、“月のうちの半分はホテルで暮らしたい”と言ってきたのです。私は夫が大好きなので、本当にびっくりして反対したのですが、夫の決心は固くて。月の前半は自宅で、後半はホテルでという提案を私もしぶしぶ受け入れたのですが、夫が隣に眠っていない日が耐えられなくて」

美和さんは大きな瞳に涙を浮かべながら、さめざめと泣いています。手元のハンカチはイニシャル入りのレースのもの。

「私たちは見合い結婚で、婚活がうまくいかなかった私を見かねて、父が紹介してくれたのが夫です。夫の亡くなった父親が父の飲み仲間だったんです。夫は有名国立大学卒で外資系金融会社に勤務しています。身長が180cm近くあって、英語も中国語もペラペラです。顔もアンジャッシュの渡部さんに似ていて、すごくカッコいいんですよ。私が彼のことを大好きになったのは、デート中に私にはわからない英字新聞の切り抜きを読みだして、すごく難しい数式を興奮しながらすらすら解いたあの瞬間。小学生の男の子みたいにニコッと笑うところがすごくかわいくて。絶対にこの人と結婚したいと思いました」

1/2ページ

最終更新:8/20(土) 10:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。