ここから本文です

元巨人クロマティに聞く、イチローがMLBで成功できた理由。日米通算記録に否定的、日本野球への懸念も

ベースボールチャンネル 8/20(土) 11:00配信

日米の記録は一緒にできない

「そりゃ、もちろん日米の記録なんか一緒にできないよ。ナンセンスだよ。それなら私だって2000本安打を達成しているしね」

 イチローの「安打世界記録」に対してウォーレン・クロマティ氏もピート・ローズ氏の持論を支持する。

 彼の名を覚えている人も多いだろう。1984年に現役バリバリのメジャーリーガーとして来日、巨人軍を3度のリーグ優勝に導いたレジェンドだ。

 しかし、この言葉はイチローの積み重ねてきた記録の価値を損ねるものではないとも彼は言う。日米のトップレベルを経験した男だけに、イチローが日本で放った1278本の価値も十分に理解している。

「日本の記録については、それはそれでリスペクトに値するよ。私が日本でのプレーを決意した理由のひとつにも王さんのチームでやりたいっていうこともあったからね。彼の放った868本のホームランとあのフラミンゴ打法はメジャーリーガーの間でも有名だったからね」

 そう前置きをしつつ、やはり冒頭と同じ言葉を彼は発した。

「でもね、メジャーリーグと日本の記録を一緒にすることはナンセンスだよ」

MLBに適応する日本人の共通点

 クロマティは今、故郷のマイアミ近郊で余生を送っている。コメンテイターとしてマーリンズの試合を観ることも多いと言う。

 今でも日本の野球については、ネットで常にチェックしているというクロマティ氏は、メジャー挑戦前からイチローの存在は知っていたらしい。しかし、イチローが3000本の安打をメジャーで放つことになるとは全く思わなかったと、彼は言う。

「そりゃそうだろ?毎年のように200本のヒットを打つなんてだれが想像できるんだい?そんなことメジャーのスーパースターでも無理なんだから」

 但しその能力については、十分認識していた。

「あの走りながらバットを振る打ち方も、アメリカでは何人かの選手がやっていたことだから、それがウィークポイントになるとは思わなかったね。あのスイングスピードがあればフォームなんかは大きな問題ではないよ。

 でも、日本では最初いろいろ言われたんだろ? そこが日本の野球のダメなところだよ。みんな一緒、ワンパターン。でもメジャーに来て成功した人は誰なんだ? イチロー、野茂(英雄)さん。日本ではパターンから外れていた人でしょ? とくにイチローはメジャーで唯一成功した野手だよ。あとは松井(秀喜)くらいかな。内野手にもリトル松井(稼頭夫)や井口(資仁)なんかいたけどどうなんだろ? とにかくこっちにきて成功する日本人はハートが強いっていうか、自分をしっかりもっているね。

 だから日本ではパターンにはまらないって言われるんだろうけど……メジャーリーグは、9人メンバーがいれば、その全員の国籍あるいは人種が違うこともある多様性のある場所なんだ。だからここではワンパターンは通用しない。自分をしっかりもっていない選手は、日本人であろうとアメリカ人であろうとダメだね」

1/2ページ

最終更新:8/20(土) 11:00

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革