ここから本文です

異常気象は、2047年から「普通」になる

WIRED.jp 8/20(土) 10:10配信

異常気象とは、「数十年間に1回程度の現象、あるいは人が一生の間にまれにしか経験しない現象」だと気象庁は定義している。だから、もしいまの異常気象を毎年のように経験するような未来が訪れたら、それはもはや「普通の気象」だ。

【台風・ハリケーン・山火事...写真でみる】「デレチョ」という複数の嵐が細長く連なった「渦を巻かない台風」など

ハワイ大学のカミロ・モラ教授が2013年に発表した研究結果は、地球の未来がその方向へ進んでいることを示している。

▼それは、2041年にもやってくる

モラ教授の研究チームは、世界12カ国21機関で運用されている39の気候モデルの予測結果を集めて分析した。その結果、現在のペースで温室効果ガスが増え続ければ、地球の半数を超える地域において、2047年以降は毎年継続的に、1860~2005年の間で最も暑かった年よりも暑くなることが判明した。つまり、過去150年の最高気温を以後ずっと超え続けるようになるということだ。

研究チームは、その基準となる年を「気候逸脱点(climate departure)」と名付け、都市ごとにいつその年を迎えることになるかを予測している。ニューヨークは過半数の都市と同じ2047年、東京は41年、モスクワは63年といった具合だ。赤道に近づくほど早く訪れることが予測され、メキシコシティーは31年、ジャカルタは29年と発表されている。

同時に、温室効果ガスの抑制に成功した場合のシミュレーションも分析した結果、半数以上の地域で気候逸脱点に到達する年を20年間、先延ばしにできることもわかった。

温室効果ガスと異常気象の関係

この研究結果が発表されたとき、ハイジ・クレンは大きな注目を寄せたという。彼女は、アメリカのサイエンス・ジャーナリズムの非営利団体「Climate Central」の主任科学者だ。

「タバコと温室効果ガスはよく似ています」と彼女は語る。「アメリカでは最近になって、ようやく『タバコによって肺癌のリスクが高まる』ことが科学的に説明できるようになりました。同様に、モラ教授の研究のおかげで『温室効果ガスの増加によって、気温が上昇し、各地で異常気象の発生頻度が高まる』ことが説明しやすくなりました」

モラ教授によると、温室効果ガスが増加することで年間平均気温が上昇すれば、地表の水分が蒸発しやすくなり大気中の水蒸気量が増加する。それは、地面が乾燥することを意味し、干ばつに見舞われる地域も増える。また、大気中の水蒸気が増えると、それを地表に戻す作用が働き、豪雨や大型の嵐が発生しやすくなるのだという。

もちろんタバコによる害のようにそれは確率論にすぎず、決して気温の上昇だけが異常気象の発生要因ではない。しかし、クレンによるとモラ教授の研究結果は、その危険性に警鐘を鳴らすには十分な内容だという。

1/2ページ

最終更新:8/20(土) 10:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。