ここから本文です

イタリア上陸のシメオネJr.は「父と同じハングリー精神を持っている」

フットボールチャンネル 8/20(土) 8:10配信

 アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督の長男ジョバンニ・シメオネがイタリア・ジェノアに移籍した。同チームのキャプテンを務める同胞ニコラス・ブルディッソは「ジョバンニは父と同じハングリーさを持っている」と彼を評している。19日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 35歳の闘将ブルディッソは、21歳の若きFWに「彼にジェノアでプレーする意味を話した。このクラブでは多くのアルゼンチン人が活躍してきた。そして今も活躍しているのだ」と語ったことを明かす。

 インテル、ローマでも活躍してきた元アルゼンチン代表DFは、「彼は父と同じ勝利へのハングリーさを持っている」と述べ、「これは最も大事なことであり、ジェノアでプレーする全ての選手が持つべきものなのだ」と続けた。

 リオ五輪でもプレーしたジョバンニ・シメオネ。優勝候補と言われながら、早期敗退の憂き目を見た。ディエゴ・ミリート、ロドリゴ・パラシオといった先輩アルゼンチン人FWもステップの場としてプレーしたジェノアを選択したジョバンニ。父親譲りという闘争心をイタリアの地で開花させることができるか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/20(土) 8:39

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。