ここから本文です

1800万ドルのフライトシミュレーターで「リアルな緊急事態」を体験してみた

WIRED.jp 8/20(土) 15:10配信

航空機に乗る人は誰でも、機体の故障や異常気象などのさまざまな原因によって「最悪の結末」が引き起こされることなど考えたくないはずだ。しかしパイロットたちは皆、最悪の事態を考えている。あらゆる状況に備え、非常時のリハーサルを繰り返しているため、すでに対応策を体が覚え込んでいる。

【動画を見る】エンジンが火災になった「緊急事態」を体験

その域に達するまでには、シミュレーターで膨大な時間を過ごさなければならない。訓練のために本物の航空機を操縦することは許されないからだ。

シミュレーターのタッチ画面を何度かタップするだけで、エンジンが切れた状態で、燃料を節約しながら水平飛行を保ち、着陸する場所を探す、といった驚くほどリアルな体験ができる。

1,800万ドルもするこうしたシミュレーターは、高解像度の画面と本物のコックピットでリアルさを追求している。コックピットからの眺めや機体の動きは本物そっくりで、雪や雷などの気象状態も体験できる。

着陸装置が壊れた「ボーイング767」を視界ゼロの吹雪でも着陸させられる自信がある一般人に向けて、多くの航空会社が有料(またはポイント利用)でシミュレーターの体験サーヴィスを行っている。

上記リンク先の動画では、『WIRED』US版の記者がデルタ航空のシミュレーターで、エンジンのひとつが火事になった状態でボストン空港に戻って着陸する事態を体験している。

一度シミュレーションを体験したくらいでは、備えは万全とまでいかないかもしれない。だが、パイロットたちは万全の準備を整えているとわかっているだけでも、少しは安心できるだろう。

JACK STEWART

最終更新:8/20(土) 15:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。