ここから本文です

欧州王者レアルを迎える開幕戦。古巣との対戦に闘志を燃やすソシエダMF

フットボールチャンネル 8/20(土) 9:10配信

 リーガ・エスパニョーラもいよいよ開幕を迎える。開幕戦をレアル・マドリーと戦うレアル・ソシエダのMFアシエル・イジャラメンディは、古巣との戦いに燃えている。18日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ホームに欧州王者を迎えるソシエダのMFは「マドリーとの試合は難しいものになる。EURO参加で調整の遅れている選手や、他の主力も欠くだろうが、それでも非常に厄介な相手だ」と述べ、「ホームゲームだし、いいスタートを切りたいというのもある。勝利を目指す」と続ける。

 バスク自治州出身の26歳は、試合について「マドリーはポゼッションを好む。その一方でカウンターには脆いところもある。できれば前線からプレッシャーをかけていきたい。そして、引かなければいけない時には引いて戦う」と見解を述べる。

 そして、昨シーズンの反省を踏まえ、打倒マドリーを誓う。「マドリーに勝つことはいつだって特別だ。昨シーズンのホームゲームでは、80分までスコアレスだったが、そこで失点してしまった。勝利するためには90分戦わなければいけない」と述べ、「ラインを統率し、走るのを止めてはいけない。皆が一体となってプレーし、汚れ仕事もする。これが勝利へのカギとなる」と勝利への想いを口にした。

 2012年夏に3000万ユーロ(約34億円)の移籍金で、大きな期待を受けてソシエダからマドリーへ移籍したイジャラメンディ。だが、マドリーの2シーズンでは大きなインパクトも残せず古巣へと復帰し、今季が2年目となる。昨季の悔しさを晴らすためにも古巣に一泡吹かせたい思いは人一倍だろう。

フットボールチャンネル

最終更新:8/20(土) 9:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。