ここから本文です

毎日新聞に謝罪・訂正文が掲載されました。 --- おときた 駿

アゴラ 8/20(土) 7:11配信

こんにちは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

私の政務活動費に関連し、「印象操作と明確な事実誤認がある」として、毎日新聞側に謝罪と訂正を申し入れていた件につきまして、

“ネットを「バーチャル空間」と揶揄した毎日新聞記者さまへ、質問状と抗議文を提出いたします(http://otokitashun.com/blog/daily/12268/)”
“【お知らせ】毎日新聞社の担当記者宛に、謝罪と訂正を求める申入書・質問書を提出しました(http://otokitashun.com/blog/information/12283/)”

8/17の毎日新聞夕刊に下記の通り、「おわびします」と題して下記の文章が掲載されました。
10日夕刊「都議も疑問残る 政務活動費支出」の記事で、データ分析の調査費の支出先に関する音喜多駿都議の「現在は休止している」とのコメントは、「現在は調査依頼を休止している」の誤りでした。支出先の個人事業主が活動を休止しているとの誤解を与えるものでした。おわびして訂正します」(毎日新聞8/17夕刊より抜粋、強調筆者)

私が12日付で提出した質問書・申入書に対しては現時点で回答がなく、またこの訂正記事が掲載されることについて事前の連絡がなかった点については遺憾であるものの、ミスを認めて迅速な対応をいただいた毎日新聞社には感謝を致します。ありがとうございました。

引き続き質問書・申入書への対応と、紙面だけではなく毎日新聞ウェブサイトにおいても本訂正文の掲載を要請するとともに、今後は「結論ありき」ではなく、公正・中立で取材マナーに則った真摯な報道姿勢を期待するものです。

ご心配をおかけした皆さまに、取り急ぎご報告させていただきます。引き続き、宜しくお願いいたします。

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 31歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

twitter(https://twitter.com/otokita)
Facebook(http://www.facebook.com/otokitashun)
LINE(http://line.me/ti/p/%40otokita_togi)

おときた 駿

最終更新:8/20(土) 7:11

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。