ここから本文です

サンチェスはスアレスと同格! 超一流ストライカーを獲れないアーセナル指揮官が解決策明かす

Football ZONE web 8/20(土) 16:36配信

アンリ、ファン・ペルシーに続くウインガーからの転向が成功の鍵に?

 ストライカー獲得を狙うアーセナルだが、今夏の移籍市場でレスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ獲得に失敗するなど苦戦が続いている。アーセン・ベンゲル監督は問題解決策として、サイドアタッカーのチリ代表FWアレクシス・サンチェスを指名。「ルイス・スアレスと同じクオリティー」と語り、バルセロナの昨季リーガ得点王のようなゴール量産に期待を寄せている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 アーセナルは今季リーグ開幕戦のリバプール戦でフランス代表FWオリビエ・ジルーが欠場。1トップにはサイドが本職のサンチェスが起用された。今夏の移籍市場では昨季リーグ24得点のヴァーディ獲得を目指したが失敗。リヨンFWアレクサンドル・ラカゼットにも接近したが、欧州選手権でフランス代表を選出外となったFWに対して法外な移籍金を要求され、交渉は進展しなかった。

 中盤でスイス代表の司令塔MFグラニト・ジャカを獲得し、前線でも日本代表FW浅野拓磨ら若手選手と契約したが、補強ポイントとされる中盤での即戦力の加入はない。センターバックの補強も進んでおらず、苦しい夏を過ごしている。

 移籍市場は残り10日ほどとなった。ベンゲル監督はストライカーの問題解決のキーマンに、サンチェスの名を挙げている。

「サンチェスが中央の解決策になるか? 答えは『イエス』だと思う。彼の背後に抜け出すクオリティーを考えれば、十分にその価値があると思う。サイドでプレーした時、彼はそのエネルギーを相手を追いかけるためにも使っていた。だが、私は彼にそのエネルギーをDFの背後を取るフィニッシャーとして、もう少し効率的に使いたい」

“どケチオファー”で獲得に失敗したスアレス

 そして、ベンゲル監督はチーム浮沈の鍵を握るサンチェスに、かつて獲得を熱望しながら取り逃したストライカーの姿を重ねている。

「彼のクオリティーはルイス・スアレスに似ている。彼は技術的にトップだ」

 アーセナルは2013年に、当時リバプールでプレーしていたスアレスの獲得を目指したが、違約金に設定されていた4000万ポンドにわずか1ポンドを加える4000万1ポンドという“どケチオファー”にリバプールが激怒。当時のリバプール主将MFスティーブン・ジェラード(現LAギャラクシー)の必死の説得もあってスアレスは残留を選択し、その1年後にバルセロナへ移籍した。

 元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー(現フェネルバフチェ)を放出して以降、アーセナルにはワールドクラスのストライカーがいない。ジルーの他にも、イングランド代表FWテオ・ウォルコットや負傷離脱中の同FWダニー・ウェルベック、若手FWチュバ・アクポムらが控えているが、ワールドクラスとは言い難い状況だ。ベンゲル監督はかつてサイドアタッカーだったファン・ペルシーと伝説的名手ティエリ・アンリを世界トップクラスのストライカーに成長させた手腕の持ち主だ。

 サイドアタッカーとして世界屈指の実力を見せているサンチェスのコンバートが、問題山積のアーセナルの解決策の一つとなるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/20(土) 16:36

Football ZONE web