ここから本文です

元リバプールMF、知らぬ間に移籍決定?「友人からのメッセージで知った」

フットボールチャンネル 8/20(土) 14:00配信

 ウェールズ代表MFジョー・アレンは、友人から知らされるまでリバプールから移籍することになるとは知らなかったようだ。19日付の英紙『デイリー・テレグラフ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 現代の移籍市場は、ますますテクノロジー化が進んでいるようだ。そのことを実感した選手が、先日開催されたEURO2016でウェールズ代表メンバーの1人としてチームを準決勝まで躍進させる貢献をしたアレンである。

 アレンは、ワッツアップメッセンジャーを通じて友人から「親愛なるジョーへ、ストークへの移籍おめでとう」というメッセージを受け取った。そこで初めて、自分がリバプールからストーク・シティへ移籍したことを知ったという。

 アレンは「悔しくて腹が立ったね。特に僕を移籍させたいかどうかということでさえ何も知らされてはいなかったことが腹立たしかった」と返答。さらに、「あまりコミュニケーションが取られていなかったし、これが移籍市場を行うベストなやり方だとは思わない」と当時の心境を語っている。

「あれはベストな別れ方ではなかったけれど、一度も感情的にはならなかったね。きっとリバプールでは継続的にプレーすることに苦労していただろうし、出番をもらうために僕のチームメートの出場停止処分や怪我を期待する気にはなれなかった。だからストーク・シティで新たな冒険を始めることにワクワクしているよ」

 あらゆる面でテクノロジー化が進んでいる現代。それにより、近い将来SNS上で本格的な移籍市場が行われる時代が訪れることになるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/20(土) 21:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。