ここから本文です

絶対王者ユベントスに死角なし 今季セリエAの注目はむしろ“中国マネー”ミラノ勢の動向か

Football ZONE web 8/20(土) 22:46配信

大本命が今夏移籍マーケットで作った2つの新記録

 イタリア・セリエAは絶対王者の風格を漂わせている5連覇中のユベントスが、今季も優勝争いの大本命であることは間違いないだろう。

伊メディアが選定 ベルルスコーニ体制下のミランに名を刻む「名手トップ10」

 このプレシーズンで、ユベントスは移籍金における2つのレコードを記録している。まずは、フランス代表MFポール・ポグバをフットボール史上最高額となる1億500万ユーロ(約126億円)+ボーナス500万ユーロ(約6億円)でマンチェスター・ユナイテッドに売却した。そしてもう一つは、ナポリからアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを、イタリア国内での移籍金最高額となる9400万ユーロ(約105億円)で獲得している。INもOUTも超高額移籍を成立させた。

 さらに、右サイドバックにはバルセロナからダニ・アウベス、中盤にはローマからミラレム・ピアニッチ、前線にはクロアチアの若き才能であるマルコ・プヤカを獲得。ピアニッチの獲得は右利きのセットプレーキッカーの補強でもあり、そうした意味での強化も期待される。マッシミリアーノ・アッレグリ監督も3シーズン目となり、チームは基本的に完成されている。不安要素は新戦力のフィット具合と、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)と並行して戦う日程のみだろうか。

 その一方で、昨季2位のナポリと3位のローマは、いずれもユベントスに主力を引き抜かれる結果になった。開幕後も10日間ほど移籍市場が開いているにせよ、ナポリはイグアイン放出後の補強はアヤックスから獲得した22歳の若手ポーランド代表FWアレク・ミリクのみ。オランダリーグでは昨季リーグ31試合出場で21得点というゴールマシンではあるが、初挑戦のイタリアでどれだけ実力を発揮できるかは未知数だ。仮に不発に終わるようなら、昨季イグアインの得点力に大きく依存していただけに苦戦は免れないだろう。

補強資金を用意できず混迷が続くミラン

 ローマは“永遠の王子”であるフランチェスコ・トッティにとって、ラストシーズンになる可能性が高まっている。バルセロナからベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレン、トリノから破壊力あるサイドプレーヤーのブルーノ・ペレスを獲得したのが主だったところで、ビッグネームの補強は現時点で実現していない。ピアニッチが抜けたマイナス部分を、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランなどがどれだけ埋められるか。もちろん、スーパーサブ起用が濃厚なトッティのラストダンスからは目が離せない。

 そして、本来であれば優勝候補に名を連ねるべきミラノ勢、ACミランとインテルはプレシーズンからドタバタ劇が続いている。

 まずミランはシルビオ・ベルルスコーニ会長が心不全の手術を受けるアクシデントがあり、そうした事情から中国資本への株式売却が遅れたことで移籍市場に十分な補強資金を用意できなかった。フィオレンティーナやサンプドリアで実績を積んだヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を確保できたことが最大の補強と言うべき状況であり、ジェノアからレンタルバックしたスソや、昨季セリエB(2部)で得点王のジャンルカ・ラパドゥーラが筆頭になる獲得リストは、3季連続で欧州カップ戦への出場権を逃し、そこからの逆襲を誓う名門としてはあまりにも寂しい。

 また、コロンビア代表FWカルロス・バッカが残留する見通しであるものの、3トップを基本に考えるなかでルイス・アドリアーノ、エムベイエ・ニアングといった本来はセンターフォワードタイプの選手が多く、サイドプレーヤーが不足するというバランスの悪さは解決されていない。目標はCL出場権獲得の3位以内になるが、現実的にはまずUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保することがノルマになるだろう。

1/2ページ

最終更新:8/20(土) 22:48

Football ZONE web