ここから本文です

「本田のポジションは半分忍者だ!」 ミラン監督がジョークで開幕戦メンバー23人入り明言

Football ZONE web 8/20(土) 23:21配信

“背番号10”起用は3トップ右で… モンテッラ監督が前日会見で表明

 ACミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、21日に本拠地で行われるリーグ開幕戦のトリノ戦で、日本代表FW本田圭佑が23人のメンバーに入ると明言した。ポジションについては「メッザ(半分)忍者」とジョークを飛ばしながらも、3トップの右で起用する方針を表明している。

伊メディアが選定 ベルルスコーニ体制下のミランに名を刻む「名手トップ10」

 若き戦略家として定評のあるモンテッラ監督は、ミランでの初陣を前に気負いは微塵も感じられなかった。ミラネッロで行われたトリノ戦の前日会見で、メディアからこんな質問を受けた。

「サムライ本田はミランに貢献できるか、先発するか、ポジションはどこで起用するか」

 背番号10の起用法について、モンテッラ監督は冗談を飛ばす余裕を見せた。

「サムライ? 本田は忍者じゃなかったっけ? 本田はコンディションがいい。チームに完璧に溶け込んでいる。だから23人の中に入る。ポジション? メッザ(半分)忍者としてだね。ワハハ、冗談だよ。時には笑わないとね」

 4-3-3の中盤の左右MFを指す「メッザーラ」と忍者とを組み合わせたジョークのようだが、自ら笑い飛ばした後には「4-3-3のサイドの高い位置で起用する」と語った。

 ミラン移籍後、開幕戦で初めて屈辱のスタメン落ちが予想される背番号10だが、ピッチに送り出す際には右ウイングでの起用を明らかにした。

「皆さんが思っているよりも価値がある」

 その一方、かつて欧州屈指の名門としてその名を轟かせたミランを率いることについては、「ミランのストーリーの中で、勝利をあげたアッレグリやアンチェロッティの座ったこの椅子に自分が座ることに、誇りを感じているし、感動している」と感慨深い様子だった。

 クラブは中国企業への身売りが決まる一方、補強ではビッグネームを獲得することができず、サポーターからの不満は開幕前からすでに高まっている。

「皆さんが思っているよりも、このチームは価値がある。今週やっているゲームを続けること。ゴールチャンスを作って、失点しないこと。アグレッシブでなければならない。それぞれのポジションが連動して、団結すること」と語った。

 期待値は低く、下馬評も高くないが、イタリア屈指の若き戦術家と高い評価を手にするモンテッラ監督は意欲に満ち溢れていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/20(土) 23:21

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。