ここから本文です

“本気”のブラジル、“育成”のドイツ。決勝を読み解く3つの要素【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/20(土) 17:30配信

リオデジャネイロ・オリンピック決勝が現地時間の20日に行なわれる。決勝に勝ち進んだのは開催国であるU-23ブラジル代表と欧州の雄U-23ドイツ代表だ。この大一番を読み解くためには3つの要素を考慮する必要がある。(文:Keiske Horie)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

1.大会の位置づけ

 ブラジルとドイツにはオリンピックに対する参加姿勢で明確な差がある。「本気で勝ちに来た」ブラジルに対して、あくまでも「育成の場」の一つとして考えているドイツという違いだ。

 ブラジルは国際主要大会の中で唯一オリンピックの金メダルを獲得していないこと、そして自国開催ということで、バルセロナのFWネイマール(オーバーエイジ枠)やパリ・サンジェルマンのDFマルキーニョス、ラツィオのFWフェリペ・アンデルソンといったクラブシーンで既に実績を残している選手たちを招聘している。

 一方のドイツは全体的に将来を期待されながらも現在は「売り込み中」の選手たちが中心だ。OA枠もMFラース・ベンダーとDFスヴェン・ベンダーの双子のベンダー兄弟、そしてレバークーゼンのFWニルス・ペーターゼンとあくまでサポートに徹している印象となっている。EURO2016と負傷の影響はあったが、トーマス・ミュラーやマリオ・ゲッツェといったOA枠選手だけでなく、ジョシュア・キミッヒ、ユリアン・ドラクスラー、レロイ・ザネといった23歳以下の選手たちも招集できなかった。

 この結果、両者の招聘メンバーの市場価値合計は2倍もの差が開いている。ブラジルが2億5745万ユーロであるのに対して、ドイツは1億1950万ユーロとなっている。

2.実力者揃いも若いブラジル

 大会の参加姿勢は異なる両チームだが、チームの平均年齢に大きな違いはない。ブラジルが22.9歳に対してドイツが22.6歳となっている。ブラジルは実力者をOA枠で呼んだといっても、ネイマールは未だ24歳、MFレナト・アウグストとGKウェヴェルトンも28歳だ。

 ブラジルにとっては当初ゴールマウスを任せようとしていた38歳のGKフェルナンド・プラスが右ひじ負傷で離脱したことが痛手となった。結果、実力者は揃いながらも“経験”という側面では若干の不安を抱えている。

1/2ページ

最終更新:8/20(土) 17:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。